第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 395 話 やっぱり猫が好き

060509.jpg
猫が好き。

エサさえやっとけば、散歩とかしなくていいとこが好き。
遊んでやりたい時にはどっかへ行ってるくせに、夜遅く帰ってきても玄関で待っててくれたりするとこが好き。

そんなコトを思っていた今日、カレンダーを見ると「次郎丸命日」と書いてあった。
それは2年前に亡くなった愛猫ちゃん。
今は実家の畑の片隅で眠っております。

好きだけど、死んじゃうと悲しい。
なので、もう猫は飼わないと思います。
猫が好きなので、もう飼いません。

#とかいいつつ、数年後には飼ってたりするかも(笑)。
#本日は意味も無く散文詩調でお送りいたしました。
スポンサーサイト

第 393 話 実はレコードデビュー済み


実家のクローゼットを物色してましたら、懐かしいものがでてきました。
小学校5年生のときに出場した、「全日本リード合奏大会」での演奏を収めたドーナツ盤です。

私の担当はハーモニカ。当時の音楽担当I先生がとても熱心な方でして、土曜日や夏休みなんかも返上して練習に明け暮れておりました。
小学生にとっても練習はイヤなものと相場は決ってますんで、どうにかズル休みできないものかと思案した揚げ句、「水を沢山飲んで腹痛を起こす」という今考えるとアホ全開の作戦に帰結し、さっそく水道の蛇口に口を直結して水をガブ飲みしたのですけど、腹痛なんかはぜんぜん起きずにそのまま練習へ突入。練習中、当然のごとく猛烈な尿意を催して、頻尿の老人よろしくトイレの往復を繰り返しただけだったという甘酸っぱい思い出もあります。

いろいろとツラく厳しい練習でしたが、先生の熱意と幸運にも恵まれて何とか全国大会に出場。結果は「特選」という良いんだか悪いんだかわからないモノでしたが、今思えば貴重な体験をさせてもらったなぁとI先生には感謝しております。

でも、このドーナツ盤。再生環境が我が家には無くなってしまったので聴けないんですよねぇ。もうちょっと早めにデジタルデータ化しとくべきでした。なんとかしたいなぁ。

第 363 話 > www.google.co.jp

「(質問に対して)ググれと一蹴するのは横暴な気がするのですが」という議題。
どっちかというと私も「ググれ」派。

ここで以前在籍していたIT系会社での話をひとつ。
そこでは私、教育担当っぽいこともしていたんですが、プログラムの効率を上げるため、汎用的な部分を共通部品化し、それに基づいたプログラミング手法を文書化するということをやってまして、そこでフト思ったことがあります。
確かにそのスキームに沿ってプログラムを書き進めるというのは、目的の部品を組み合わせるだけの作業(たとえば、エンジンとボディとタイヤがあって、あとは自動車を組み上げるだけ)なので、仕事の効率自体は上がるのですが、人的リソースの質を高めるという点に関しては、肝心の部品(エンジンやボディの中身や役割)についての考察が疎かになって、結果プログラムの本質を探究することや、諸作業に対して受動的な人間になってしまうんじゃなかろうかと、ひとり変なジレンマに陥っていた事がありました。

今思えば、それはとりこし苦労であって、結局のところ部品化されてようがなかろうが、受動的な人は受動的なままで、能動的な人は部品を一旦壊してでも、中身を知ろうとするんですよね。受動的な人の底上げフォローまでを盛り込むかどうかは、会社としての方針や、プロジェクトの予算などの要素を総合して考えるべきだと思います。というか、今ではそう思えます(笑)。

ということで、今回の「ググれ」に関しても、個人的には「余裕があったら教えるし、なかったらググらせる」ってのが基本的な見解。ただし、「自分でも調べたんだけど、どうしてもわからないんだよね」って場合は、いつでも協力させていただきます。

第 345 話 じぞさまこ

小学校低学年のころ「じぞさまこ」と呼ばれる遊びがありました。
じゃんけんで鬼を決め、鬼の人が後ろを向いて、
「昼か夜か地蔵様か、それとも鉄砲か雪だるまか?」
と叫び、振り向きざまに上記名詞の中から一つを宣言。
で、選んだものによって鬼が他の人を捕まえる手段が変化します。

昼    → 通常の鬼ごっこタイプ
夜    → 全員が目をつぶって鬼ごっこ(鬼だけかも?)
地蔵様  → 失念
鉄砲   → 振り向きざま指で鉄砲をつくり、任意の方向を指さす
       (指さした方向に人がいればそのひとがアウト)
雪だるま → 失念

どのタイプでも最初に捕まった人が次の鬼になります(たしか)。
ちょっと気になってググってみましたが、それっぽい遊びは探せませんでした。
地蔵様おにごっこ」というものもありましたが、どうも私の記憶とは違うような...。

「地蔵様」と「雪だるま」を選択した場合の内容が激しく気になるので、どなたかご存知の方がいらしたらご一報ください

第 328 話 腕にキズアリ

私の右腕の手首には10cmほどの傷痕があります。
ことあるごとに、「実は小生、自殺を図ったことがあるのですよ、奥さん」とウソブイテおりましたが、ホントのところは自爆の痕。
そもそも、利き腕ですし普通手首に直角に切るところを垂直に傷が入ってるんで、自殺っぽくないんですけどね。

これは小学校の時分、実家の廊下で駆けずりまわってたんですが、靴下履いていたためにブレーキが効かず、いきおいあまって座敷のガラス戸をストレートパンチでハデに突き破ってしまった折りについたキズです。
いまもケロイド状になって残ってるぐらいなので結構な切り傷だったんですけど、不思議と血はあんまり出ず、「見た目ガラス入ってなきゃOK」というアバウトな理由により医者にも行かず、オロナインを塗って治療は完了。今考えると、いいかげんな家族だなぁ(笑)。

ちなみにこの傷。歳を追うごとに位置が移動するっぽい。
はじめは、親指側の方にあったんですけど、20数年経過した現在は小指の下の方に移動しております。
死ぬまでに腕をぐるりと一周させることが目標です(笑)。
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。