第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 138 話 マイスターへの長い道のり

Mac野郎としましては、やっぱり昨日発売のアレをネタにすべきなんですが、昨日は学生時代の仲間との飲み会で力つきそのまま就寝してしまいましたので、ソレの話は代わりにココを参照ください

で、今日はと申しますと、かねてより私的に計画していました案件をついに発動。
とりあえずソファのクッション部分を作成することに。
ホームセンターと布屋をまわり資材をゲット、勢いにまかせて組み上げ開始。
こんな感じでズンズン出来ていきます。



使ってる部品がシブいですよ。
バネ部分とそれを覆うフィルタ(?)はなにげに農業用品(笑)。
「農具」の表記がレシートで輝いていました



まぁ素人が作ったわりには、まぁまぁの出来になったんではないかと。
ちなみにサイズは45cm x 45cmほど。作業時間は2時間。材料費は約3000円。
で、これをあと2個ほど作りまして、それから収納になる土台部分、背もたれの作成と先はまだまだ長そうです。

若干バネがアマいんで、そこんとこを2号機では改良していく予定。
っつーか、ぜんぜんグランコンフォートじゃないし(笑)。
スポンサーサイト

第 137 話 件名:真理です

名前:真理
年齢:37歳
職業:会社経営
年収:3600万円
写真:あり
一言:逆援助の相手を探してます。会社経営で毎日忙しく出会いがなかったです。お金のことは心配いらないので週末に逆援助デートしてくれませんか?

----
と、いうことで久々に日本語のスパムが来ました
(英語のスパムはよくくるんですけども)
っつーか、その年収があるなら結婚相談所とか行った方がいいんじゃないか?(笑)
捨てアドレスに来たメールなんで別に問題ないんですけど、やっぱ変な懸賞とかにメールアドレスを書くのは、やめたほうがいいですね。

第 136 話 お前を料理してやる!「ニンニクなしギョウザ」

約2ヶ月半ぶり。忘れた頃にやってくるこのコーナー。
ギョウザの皮を買ってあったのを思い出して作ってみました。

シリーズ第5回目のお題は「ニンニクなしギョウザ」


<用意するもの(2人前)>

・具
 ・豚ひき肉(200グラム程度)
 ・わけぎ(2本)
 ・ニンジン(半分)
 ・ショウガ(ひとつ)
 ・塩(少々)
 ・こしょう(少々)
 ・ナツメグ(少々)
・ぎょうざの皮
・卵白
・水(半カップ)

<作り方>
(A)わけぎ、ニンジン、ショウガをみじん切りにして、
   その他の具の材料といっしょにまぜます。
(B)具の材料をギョウザの皮にのせ(全体の1/3ぐらいの分量)、
   皮のへりに卵白を塗って閉じます。
   閉じるときは、がんばって例のギョウザ折り模様をつけてください。
   (卵白塗ってあるんで面倒なら折り込まなくてもオッケー)
(C)熱したフライパンに油をひき、ギョウザをのせて強火で焼いてください。
(D)1分ほど熱したら、水を入れてすぐにフタをします。
   で、水がなくなるまで中火で蒸し焼きにしてください。
(E)水がなくなったらフタをとり、油を少したして1分ほど強火で焼いて完成。

<採点(5段階)>

旨度:
面倒くさ度:
弁当転用度:

<総評>

味が微妙(笑)。
とりあえず弁当に入れるために、ニンニクなしとしたんですが、
かわりとして入れたナツメグもあまり効果がなかったよう。
いっそのことチーズとか、シソの葉なんかを入れるとよかったのかも。
あと、具がだいぶあまったので、油揚の巾着に具と溶き卵を入れて、甘めの和風だしで煮てやったんですが、コッチの方が旨かったというオチ

第 135 話 プチ・ドッペルゲンガー

さっき「いいとも」を見てたら、雑誌の編集者が出てるコーナーがありまして、それに関連して思い出したお話をひとつ。

かれこれ数年前になりますが、出張で東京へ行ったときのこと。
普段は一人で居酒屋っぽいところへはあんまり行かないんですが、その日は何かそんな気分だったのと、こ洒落た外観に魅かれて、神保町の「やまじょう」というお店にフラりと入りました。
そこは居酒屋というよりバーといった風情で、おかみさんと娘さん(かわいい)が家庭料理とお酒でもてなしてくれる、かなり落ち着いた感じのお店でした。

で、しばらく飲み食いしてると、カウンター奥にひとりの女性が座りまして、いろいろおかみさんと話しています。どうやら待ち合わせのよう。その後、少し遅れて連れの男の人が来店。
オーダーでおかみさんが私のところに来たときに話してくれたんですが、どうも遅れてきた男の人と私がすごく雰囲気が似ていたらしくて、女の人があやうく声をかけそうになったとのこと。

そういうことならということで、二人に話しかけてみた私。

男の人(Mさん)は確かに後ろ姿が私にちょっと似てまして、職業を伺うと「コミック雑誌の編集者」とのこと。某王手出版社で、「いいひと」や「最終兵器彼女」の高橋しんさんの担当をやってるそうで、いろいろ作家とのやりとりや出版のしくみを教えてくれました。
一番おどろいたのは、コミックの出版数というのは担当の「カン」で決めるらしいです。
職業柄、いろんなデータを蓄積してやればいいじゃないですかーと言いましたが、まだまだアナログなのよと笑って答えてくれたことを覚えています。

なにげにワインもおごってもらい、再会を誓って握手で店を出ましたが、あれからそのお店には行けてません。まさに一期一会的シチュエーションでしたが、またいつかどこかでバッタリ会えたら、うれしいですね。

第 134 話 日照りなクチビル

昨日から、「タイガー&ドラゴン」がヘビーローテーションな主夫jirです。
ケンさんもナカナカですが、「ハッ!」の掛け声はアッコバージョンが上です。流石本家

で、本題はそれじゃなくて、クチビル。
なんだか一昨日くらいから、異常なまでに唇が乾いてしょうがない。
かなーり、カサカサです。
脱水症状なのかなぁと思い、スポーツドリンクをかなり飲んでみましたが改善されず。
いろいろ調べてみたら、更年期障害なんて情報もありましたが、さすがにまだ早いでしょう?(笑)
結局原因不明。とりあえず様子見です。
まぁそのうち治ると思いますけど。

あと、クチビルの「ビル」って、田んぼとかにいるアノ「血吸い蛭(グロ注意)」から来てるんですかね?
口に蛭 ... なんか鳥肌たってきちゃいました
キモ~。

第 133 話 ボールひとつにキリキリ舞いさ

私はさほど、というか限りなく関心度ゼロなのですが、カミさんがどうしてもというので、キリンカップとやらのチケット争奪戦に参加。

我が家の装備はMac2台(各2種類のブラウザを使用)、携帯電話2台、家電話1台という布陣で、運命の午前10時に望みました。
結果は、カテゴリー2のまぁまぁの席をゲット。
予約完了まで1時間ほどかかりましたが、ワールドカップの時よりも若干楽だったかなと。

で、ここでちょっと裏技情報をひとつ。
ウチは今回も「e+」ってとこで取ったんですが、ココのシステムが結構ウソツキでして、チケット販売開始後一時間ほどたつと、「完売しました」というメッセージが表示されることがあります。ですが、無視してアクセスしまくると普通にチケット取れたりします。実は今回もワールドカップの時もこの方法で難なく(と、いっても一時間ほどアタックやってますけど)ゲットできちゃってるんです。
サッカーに限らず、何かのチケットをe+で取るときは、あきらめずに試してみてください。

第 132 話 そしてボクらは、また旅に出る

今日は旅仲間と花見へ
桜を求め、あてもなく出発しましたが、かなりイカす観桜ロケーションを偶然発見。
ちょっと寒かったですが、かなり満足の行く花見になりました。

その後、場所を移してキックベースに興じ、腹ごなしにラーメン屋、終わりかけのチューリップ祭りとハシゴして今回のミニツアーは終了。
30過ぎの野郎どもには、キックベースフルイニングはチト過負荷だったかもしれませんが、心地のイイ疲労感は結構ひさびさ。でも、明日以降の筋肉痛が怖いです

で、7月の頭に次回ツアーの日程をアサイン。
次回はどんな珍道中になるか、いまから楽しみ。


<4/23 6:43 追記>
zshのエントリと写真の構図がカブっていた、かつ絵的に負けていたので(笑)、別アングルにとりかえてみました。

第 131 話 ホメオスタシス再起動

今日はひさびさに心療内科へ

例によって、じいちゃん先生は診察らしい診察をしないんですが、どうやら大分快方に向かっているっぽい。
まだ念のため出かけるときとかはクスリを飲んではいますけど、そういや、偏頭痛とか下痢なんかは最近あまり出てきてない。人ごみに行ってもクラクラくることもなくなったし、風邪引いたかなと思っても一晩寝るとアラカタ治っちゃう。すばらしいです。正に人体の不思議。

でも、ストレスってつくづく怖いです。
知らないうちにたまってて、気付いたときはもうアウツ。
まぁ、私の場合は力の分散がうまくいってなかったのも原因なんですけども。

何でも数値化の昨今ですが、メンタル的なものは採点できないんで、「とりあえず気合」論がまかり通ってますよね。組織内においては、目に見える形にならないものは、「根拠ナシ」で切り捨てられますから。ほんとはみんなヤバいと思ってるんでしょうけどね。世知辛い世の中です。

過度なゆとりは人をダメにしますが、適度なゆとりは人を大きくします。そこらへんのバランスをとり、人にもそのバランスで接せられる人間になれたらいいなぁと、ちょっとだけ思ってます。ほんのちょっとですけど(笑)。

春だし、そろそろ仕事がしたくなってきましたよ

第 130 話 ときに時間はゆっくりと流るる


K氏とzshで、男3人ぶらり旅。
咲花温泉の平左ェ門さんへ行ってきました。

今回もお目当ての露天風呂は貸切状態。
もう一週間遅ければ、湯船の手前にある2本の桜が満開だったかもなので、ちょっと残念。
でも、深く力強い阿賀野川の流れを望む極上の景観と、ちょっぴり肌にしみる少し熱めのお湯が、身も心も癒してくれました。

あぁ、そろそろ暖かくなってきたんで、今度はキャンプに行きたくなってきた。

第 129 話 Le "Jir"busier

引越し先の居間にはなるべくモノを置きたくないんですが、遊び盛りの小悪魔が1匹いるため、やっぱ収納も必要なわけで、収納とソファが一緒になったものはないかといろいろ物色してました。

で、あることにはあるんですけども、なんかダセェ上に高いのしかなかったんで、んじゃ作るかということに。
っつーことで、お題はコレ。


ル・コルビュジェグランコンフォール風(笑)。
あくまでイメージですんで、こんなカッチョ良くはいかないことは重々承知です
ひじ掛け部分は面倒なんでたぶん作りません。で、座イス部分を脱着可能にして中に収納箱を収めようかと。

ちなみに、ソファの構造ってのはこんな感じになってるんですが、S字バネっつーものが、近場のホームセンターにいは無い模様。
(ちなみにグランコンフォールはおそらくS字バネでは無いと思います)
どなたか、何処に売ってるか知ってませんかね。

と、いうことでイキナリ暗礁に乗り上げ中(笑)。

第 128 話 VIVA坊主

当方、DA PAMPのISSA(これはヒドい写真だ(笑))と同様の不具合とおぼしき初期症状があるため、いっそのことって感じで変身グッズ(バリカン)を使用して坊主マンに変身しております。

いまじゃあマルガリーマンとか言ってやや市民権を得てますが、私がやり始めた数年前にはまだ認知度が低く、当時の上司に「おまえソレ(坊主)でクビになりかけたんだぞ」とあまり笑えない笑い話をされたことがありました。そんなこんなであんまり刈り込みすぎると自分の首までカットされそうだったため、ずっと長さを6mmと設定していたんですが、いまは花の無職。っつーことで、頭髪の自由よ再び!ってなことで、バッサリ3mmにしちゃいました。

この春の頭髪トレンドはライトウェイトスポーツ。
かなり爽やか、でも寒い
しかし、坊主が似合うオッサンになることが目下の夢なので、寒いだなんて言ってらんない。

床屋代がほぼ無料。シャンプー後タオルで5秒ドライ。夜道を一人歩いていても襲われにくいなど坊主には特典がいっぱいです。
どうでしょうみなさん、これを機会に坊主になってみては?

#発言を鵜呑みにして坊主になり、会社を解雇されても当方は関知いたしません

第 127 話 余命いくばくか


ウチのファイルサーバとして使用されているiMac G4 FlatPanelですが、最近すこぶる調子悪しです。
なんか再起動すると2/3ぐらいの確率で起動中にカーネルパニック。ひ~

某診断ツールにてチェックを行っても不具合は見つからなかったんで、おそらくマザーボード系の疾患だと思われます。と、いうことは10万5万オーバーの費用がかかりますんで、おいそれとは修理になんか出せません。当方現在は無職ですし(笑)。

とりあえず現状維持のままどこまで行けるか。手術代が溜まるまでは生きていてくれー。

第 126 話 鬼才メガホンを取る


今日は高田公園にて桜の半日監視作業。

満開でロケーション最高でしたが、なにせ名所だけあって毎度のことですが酷い混雑です。
適当なところを見つけて手作り弁当をひろげていると、チビ助が愛機HDR-FX1を駆り何やら撮影中。
ファインダーを両目で覗いて、奇声を発しながらパンニングしてまくってます。
まぁ録画ボタンは押せないだろうと思いほっておいたら、なんだか撮影中ランプが付いてるし、しかも桜じゃなくてとなりでご飯食ってる家族を撮ってるし!

家に帰って見てみたら、となりの家族の他、通りすがりのマスク爺さん、工事のパイロン、ごみ箱が映ってました(笑)。
桜をちゃんと撮ってください監督!

第 125 話 ヒーロー達の愛憎劇


「ま、まってくれ話せばわかる!」
「うるせぇ、よくも俺のピンクを!チキショウー!」
バキューン。
ってな感じです。既にイエローは死んでますし

とあるスーパー、子供のお菓子売り場にてこの寸劇風レイアウトを目撃。
すかさず携帯でパチリしました。
子供の夢までも打ち砕くような絶妙フィギュア配置。
店員の悪意に満ちたジョークに苦笑しつつ、何故か奇妙なシンパシーを感じる私でした。

第 124 話 ソフトでハードな物語

今日は中学からの悪友syuちゃんとランチ
彼も私の旧職と同じIT畑、いわゆるソフト屋やってまして、かなりハードな生活を過ごしている模様。
聞くところによると上司、同僚数名が病院送りで、自分も今日、病院で検査受けてきたとか言ってます。なんか、顔面に過労からくる湿疹が出まくってますし、腎臓と肝臓もヤバいらしい。うひゃ~。
まぁそれでも目は死んでなかったんで、まだ大丈夫かな

syuちゃんといえば、十数年前のある熱い夏のこと。炎天下の中、私の家に遊びに来たsyuちゃんが「水くれ」と言ったので、たまたま悪魔にとりつかれていた私は、そしらぬ顔で塩水を彼に渡して、知らずにそれを飲んだ彼が塩水を盛大に噴き出すという、ほほえましいエピソードがあります。

で、このお話が、「初対面の相手に塩水を出した」や「自家製ポカリスエット(05/03/25エントリのコメント欄参照)をのませた」とかのバリエーションに派生していますが、実際のところ、初めて遊びに来たときはイチゴのショートケーキを出しましたし、自家製ポカリスエットは自ら人体実験を行っていますので、誤解なきよう

まぁ、とりあえずsyuちゃんは「パパは天国からお金を送ってくれてるの」とか言われる存在にならないよう、仕事はホドホドにしとけ!

#今回のタイトルのモトネタ知ってる人は何人いるかなぁ。

第 123 話 虎が来るぞ~!

tiger_125x125.gifかねてから今月中との噂がありました、Mac OS X ver.10.4(開発コード:Tiger)が4月29日発売となるとの正式アナウンスがありました。

この新バージョンのMac OS XにはSpotlightなる新フィーチャーがありまして、Mac内のあらゆるファイルから、任意のファイルを即座に検索してくれるという、使い方によっては現在のフォルダ階層単位のファイル管理方法に置き換わると期待されている機能があります。

で、検索するにはそのファイルの内容を表す情報(タグ情報)が必要です。一般的に使ってて一番検索するのは音楽ファイルや、写真などの画像ファイルだと思うんですが、前者は基本的にMacへ取り込む際にCDDBから自動取得した情報でコトたりるんですが、問題は後者。
まぁ最近の基本はデジカメですんで、撮影時刻や絞りや露出情報なんてやつは勝手に登録されてますけど、その写真の内容を表すものは無いんですよね。当たり前ですけど。
というわけで、写真にどんな写真なのかという情報をメモみたいに入力して行く必要があります。

当方Macですんで、写真の管理には当然のようにiPhotoを使用してますが、iPhotoでの写真に対するメモ(タグ情報)の入力方法はコチラに詳しく乗ってますんで参考にどうぞ。

実際今日やってみたんですが、約3300枚の写真に情報入力するのに、朝から始めてみっちっり8時間かかりました

まぁ、それだけの苦労は、Tiger君が来てくれれば報われるハズです。
(じゃなきゃ暴動を起こします(笑))

第 122 話 マイ・バラードキング

当方、今はSteve Vaiやら、Joe Satriani、はてはRob Zombieなどといったかなりハードかつメタリックな感じの音楽路線なのですが、その昔はひっそりバラード街道をひた走ってときがありました。

まぁ、ネが暗いっつーのもあるんですが、一時期センチメンタリズムまっしぐらでして、そのころはオフコース(基本的に和正系)に傾倒してましたね。うわぁ暗い(笑)。
で、オフコースとは別に、そのころあるCMでズギューンと胸を打たれるある歌声がありまして、当時インターネットなんてものもありませんので、地道なエアチェックなどでその主の名を求めてたんですが結局わからず。でも、何年かたって、ふとジャケ買いしたCDがまさにその人で、予期せず再会した透き通る歌声に鳥肌が立ったのを覚えてます。

その歌声の主は、楠瀬誠志郎さん。
「ほっとけないよ」とか「ぼくがどんなに君を好きか君は知らない」の作曲者って言った方がわかりやすいかな。CX系「ラブラブあいしてる」にもたまに出てました。
その天使の声とはに似つかわないイカツイお顔と、あふれる自信からくるだろうちょっとキツ目の発言で、ちょっと人を選ぶ感じではあるんですが、彼のバラードは私の琴線に触れます。触れまくりです。

で、最近は前述の路線変更によりあんまり聴かなくなったんですが、ちょっと調べてみたら、今は大手レーベルとは契約してない模様。アルバムも3年前くらいから出てませんし。
そんなこんなをしてたら、久々に声を聴きたくなったんで、いろいろ探してみましたところ、こんなとこを発見(第4回参照)。

やっぱいいです。
たまらんわぁ
ファーストアルバムからその歌声は完成されてましたが、現在もまったく艶声は失われておりませんでした。また実家からアルバムを持ってこよう。

ちなみに、カミさんとの初デートは彼のライブだったなと、まったく使えない主夫的トリビアで今回は〆たいと思います(笑)。

第 121 話 STAND ALONE SIMPLEX

現在、当方はケーブルテレビ局のネットワークを使用してインターネット接続しているのですが、引越し先はどうやらサポート外の模様。

と、いうことでネット関連の契約をチェンジしなきゃなりません。
で、仲間がにしてウハウハの模様なので、こっちも負けじと光か!と思ったんですけど、なんせ高い。ファミリータイプでも月額五千円オーバー。しかもプロバイダ料別ときてやがる。
安いマンションタイプってのもあるんですけど、これは集合住宅で8件以上の契約が見込める場合にのみ適用されるやつで、ウチの引越し先は6戸しかないのでアウツ

素直にADSLなのかなぁ。
どっちにしろ早めに手続きしないと、断線の憂き目に。
ダメもとでマンションタイプを申し込んでみるのも手か?

もし、スタンドアローン化しちゃたら、かなり不便だし、チト怖くもあります。フト思えば、いつのまにかネットが手足の一部になってるようで、別の意味で怖くもありますが(笑)。

第 120 話 誤った対抗心の使い道

昨日の夕方、家族三人で昼寝したせいか、眠れません。
で、zshIntuos3をゲットしたようなので、Intuos2な当方はあのテカテカボディに嫉妬心を抱きつつ、何故か負けてらんない気持がとめどなくあふれだす始末。しょうがないので、このみなぎるヤルセナサパワーを利用して憧れの滝川クリステル様を描いてました。
...でも、ちょっと何かが違う。目の垂れ方と超絶二重まぶたのあたりか?
まぁ、リアル絵はまったくもって専門外なので、このヘンでカンベン願います
じゃあ描くなよって言うのは野暮よ(笑)。
(使用機材:PowerBookG4/1.5G , PhotoshopCS , Intuos2)


第 119 話 急募フランス人

今度引っ越すので、必然的に住所が変更になるわけなんですが、一点問題が。

話は遡ること5年前。新婚旅行で、おフランスへ赴いたおり、ひょっこり立ち寄った一件の店。
Leblon-delienneという石膏(?)フィギュア工房の直営店っぽいとこだったんですけど、そこで数点のフィギュアを購入。で、調子に乗ってお客様情報としてウチの住所を勧められるがまま書いてきました。
んで、それ以来1回もモノを購入はしてないんですが、定期的にエアメールが届いてまして、新商品の情報とかを送ってきてくれてます。律義なお店です。

っつーことで、引っ越した後もエアメール欲しいなぁと思ってるんですが、なにせフランス語なんぞ出来るはずもなく、どうやって住所変更申請をしようかと悩んでおりまして。
まぁ、最悪どっかの機械翻訳でメール送っちゃおうかと考えてますが、だれかフランス語堪能な方がおれば、ご協力願えたら幸いです。

第 118 話 決戦は金曜日<後編>

前編はコチラ

軍法会議当日です。
これだけもってきゃ大丈夫だろうという反論用書類をバッグにつっこみイザ出陣。
ヒトロクマルマル時(16:00)ちょっと前に決戦の地に到着し、入り口にて下っ端戦闘員と思われる先生に「K女史を頼む」と伝える(若干脚色があります(笑))。

しばらくすると奥からゴゴゴゴゴという擬音とともに武闘派K先生登場。
ぬぅう。震えるぞハート、燃え尽きるほどヒート。
すぐに運動場へおもむき格闘開始かと思われましたが、玄関から入ると延長保育中のウチのチビ助に見つかるとのことで園の横から中に通され、2階へ案内される。で、姿勢を低くして隠れながら階段を上る一行。途中、階段を踏み外してズッコける私、K先生の失笑をかう

そして2階の一室に案内され、ちょっと待っててくれと言われる。
待つこと10数分。一向に戻ってくる気配がありません。
こねぇ~。ぜんぜんこねぇ~。
もしやこれは心理戦の一種か?ウヌゥやるなぁと思ってると、やっとK先生登場。

と、前フリ長々書きましたが、結果は「現状どおり通園可能」。
「傷病手当金」の申請書類のコピー提出でOKでした。
結局、本題は10分ほどで終わり、あとの1時間くらいは雑談で終了
っつーか、思ってたより武闘派でもなかったし(笑)。

で、そんなことより驚愕の事実が!
この園には、「アイリ」「ユリア」なる園児が在籍している模様。で、うちのチビの名前は「レイ」。これは何だか世紀末救世主伝説のニオイがしますよ奥さん!!「ジャギ」とかいたらどうしよう!!

第 117 話 決戦は金曜日<前編>

一昨日のコトですが、カミさんが帰ってくるなり「作戦会議だ」
って、ぶしつけになんでしょう?
例の竹島教科書問題の件か?とも思いましたが、うちは平和解決派小市民

で、よくよく聞いてみると、私が無職なのが保育園にバレまして、保育園からの呼び出しがかかったとのこと。なんか昨日のエントリでも冗談めいて呼び出しの件を書いてましたが、変なとこで召集令状がリアル化してしまいました

どうやら保育園というのは、「両親が保育に欠ける」という前提が必要なようで、片親でも在宅の場合は、「親が見るか幼稚園へ行ってくれゴルァ」ということのようです。
まぁ、隠してたわけでもないので、素直に出頭いたしましてワケを話してくる予定です。
なんか病気療養の場合は、大丈夫みたいな感じですし。

運命の軍法会議は明日執り行われる予定。
判事は保育園きっての武闘派K先生。
とりあえず関連サイトをめぐっておいて理論武装、なんか言われたら即「異議有り!」です

第 116 話 竜の巣だ!デレデレデレ


先日、なにげにMacをいじってると、チビが後ろで紙飛行機を飛ばしながらブツブツ言ってます。
よ~く聞いてみると、
「父さんは、詐欺師扱いされて死んじゃった」
って、オイ!

おそらく、これはちょっと前にDVDプレイヤーにてヘビーローテーションしていた「天空の城ラピュタ」のパズーのセリフだと思われます。
チビの最近の趣味はアニメの主人公のセリフ覚えっぽいのですが、このクダリはちょっとマズいぞ。保育園なんかでポロっと言われちゃった日には、先生から呼び出しでも食らっちゃいそう

うーむ。これは違うセリフも覚えてもらわないとだ。
オススメはパパお気に入り、ムスカくんのお言葉で、
「ふっはっは、見ろ!!人がゴミのようだ!!」

...っつーか、これも聞かれたら呼び出しくらいそうですけでも

第 115 話 白塗りの殺人鬼

当方、ピエロが嫌いです。っつーかマジ怖いです。
バーガーで有名なM社のアイツを見ても鳥肌が立ちます。

小さいころは「怖い」って感覚よりも、むしろ「悲しい」感じをピエロから受けてました。
なんかピエロってのは、プライベートで辛いことがあっても、ステージではそれを隠していつも笑ってるってイメージがあって、どうも素直にその道化ぶりを見れなかったんですよね。なんか切なくって。

いつそれが「怖い」ってイメージに変わったかというと、大人になってから見た、スティーブン・キング原作の「IT」っす。これがヤバイ。見るとトラウマになること必至。ピエロ嫌いになりたくないなら見ないことをオススメします

で、ちょっとソレ関連でいろいろ探してたら、こんな記事を発見。
「道化恐怖症」なんてものがあるとのこと。よかった仲間がいて(笑)。
(前述のITの写真も出てますね、マジ怖ぇ~)
しかし、どうすればこの問題を克服し、彼らとわかりあえるのか?
やっぱり腹を割って話し合うしかないのでしょうかね?

第 114 話 不動産屋をソーシャルハック2

ウチはアパート付属の駐車場が狭くて、冬場にカミさんが車入れられないとの理由から、もう一個駐車場を別に借りてたんですけども、このたび引越しが決ったことから本日解約の手続きに行ってまいりました。

実は、この駐車場の契約書、いろんなドサクサに紛れた折りに紛失してしまってまして、ちょっと大丈夫かなと思いつつも不動産屋へ行ったんですけど、別に本人確認も捺印も求められず、あっさり解約完了。

簡単でよろしいですけど、前回の不動産屋といい、なんかセキュリティもクソもないですね(笑)。
ムカつくヤツの駐車場を勝手に解約!とかのイヤガラセが可能です。
もちろん、やったらダメですよ

あ、ついでに告知しときますと、5月末までは借りてますんで、もし仲間内で使う人がいればどうぞご利用ください。

第 113 話 トレンチコートマフィア御用達


本日は「第一回家族対抗ボウリング」ということで、チビ助君ボウリングデビュー。
(当然、ガターなしレーンですけども

スコアは上記写真の通り。
3フレームまで、なんとカミさんがチビに負けてます!
でも、その後はやっぱり初心者。普通のスコアになっていきました。
まぁ最終的に50超えたので、「がんばったで賞」をあげます。

私はというと序盤のスペアを微妙な感じで繋いだものの、後半はいつも通り手がダレて崩れるという自分的には王道パターン。カミさんは最終的に100越えで親の面目を守るといった感じでしょうか。
チビは終始興奮気味でかなり楽しかったようなので、全体的にはヨシとしておきます。

第 112 話 ヤドカリ


写真を見ると家を建てたみたいですが、アパートです。

予てから企てておりました、引越し計画がおもむろに進展。このたび転居先が決定いたしました。
最寄り駅まで5~6分、保育園まで10分、カミさんの実家まで3分という好立地条件です。
で、ごらんの通り絶賛建設中なのですが、無理を言って中を見せてもらい、やっぱ新築みちゃうと他はダメだなぁというモードに。速攻で契約とあいなりました。

引越しは、いまのところ5月ころを予定。
とりあえず、今のアパートと駐車場を使いたいという方がいらしたら、ご連絡ください

第 111 話 笑いによるアンチエイジング

今日は元会社の同期主催で、1ヶ月半遅れの私の送別会でした。送別って言っても同期兼旅仲間なので、死ぬまでつき合いあるんですけどね

ひさびさに肉をタラフク食べて大満足。
それから記念品として、iWorkをもらいホクホク。今後の生活にやくだてさせていただきます。みんなサンキュー。

で、次回の旅を決めようということになったんですが、その前に花見だろうということになり、とりあえず4月23日を花見DAYに設定しました。
あれ?でも、肝心の花見の場所ってなんて名前なんだっけ?
だれかカキコよろしく(笑)。

なんかひさびさにカナリ笑ったため、またも顔が筋肉痛。
30すぎてお肌も下降線ですし、表情筋動かさないと顔がたるんじゃうんで、もっともっと笑わないとです

第 110 話 三ッフィー排除勧告

ちょっと変な記事を見つけたので紹介。


   共洞通信社によると、NPO法人「大日本こども健全育成連盟」が
   特定の宗教団体を連想させるという理由で「三ッフィー」関連の書物を
   全国の図書館から排除するよう、国に働き掛けていることが1日わかった。

特定の宗教というのは、おそらく「ブードゥー教」のことを差していると思われます。
ブードゥーといえばゾンビですが、ゾンビの呪いを解く方法として死体の口に塩を詰めて、縫い付けるという儀式がありまして、これが特定の宗教=ブードゥーを連想させるのではないかと推測。
(三ッフィーの口が縫い付けられているように見えることに起因か)

また同連盟では関連情報として、三ッフィーの画像をInternet Explorer(IE)で表示させると文章のレイアウトが醜く崩れ、ブラウザが勝手に再起動してしまうといった、さながら「ゾンビ」のような挙動を示すこともあるとの事例をあげ、防衛策としてIEの使用を即刻やめ、FireFoxを使用するように強くユーザに薦めている。
「三ッフィー排除勧告」の続きを読む
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。