第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 195 話 帝王といえば船越英一郎ですが

紹介状を書いてもらい、某病院にて奥義伝承者から外回転術を受けるが、なんだか狙ったかのように失敗したため、本日また古巣のかかりつけ産婦人科クリニックへトンボ返り。

残された選択肢は、「逆子のまま自然分娩」と「帝王切開」なのですが、基本的に前者はウチがかよっているような個人医者ではやっていない模様(失敗確率500分の1ぐらいなのですが、ミスったら即廃業になりかねないので実施は避けているとのこと)。

まぁ、自然分娩に関しては、万が一があるんってことで却下(まぁ何やってもリスクはあるんですけども)。必然的に「帝王切開」なるんですが、ウチの子は逆子のせいもあって正常の範囲ではあるんですけども、あまり発育状況がよろしくないっぽい。
と、なると出てきた後にいろんな処置が必要になったりすることがあるんで、デカいとこ(外回転を受けた病院)で生んだ方がイイですよと担当医。

しかし、前回も一人このクリニックで生んでますし、あんまり知らない先生に腹をかっさばかれるのも、ちょっと気持的にいやだということで、「なんとかなりませんかね~」とゴネてみる。ひさびさの主夫ネゴシエイター登場(笑)。

「じゃ、ちょっと検討してみます」と担当医はしばらく奥で作戦会議。
15分ほどまたされたんですが、結果は「OK」。
ゴネてみるもんですね(笑)。

っつーことで、弐号機ロールアウト日が決定しました
「2005年7月20日(2時すぎくらい)」
です。

名前は決めてありますが秘密。
なんせ当のカミさんにも言ってないので
スポンサーサイト

第 194 話 動かざること山のごとし

今日はいよいよ外回転術実施の日。
その模様を再現マンガにてお楽しみください。
(多少脚色あり)



っつーことで、見事失敗
どーも赤ちゃんのお尻部分が、骨盤にガッチリはさまってるらしく、押しても引いてもビクともしなかったようです。
まぁ、成功率60%。ダメでモトモトなんですけど、ちょっとガックリ

第 193 話 25年後の現状

ウチのチビもそろそろ特撮物の時期かと思って、勝手に現行ライダーを録画しておいてやったんですけど、ヤツはまだ顔機関車に首ったけの様子でまったく見向きもしない模様。

でも、せっかく録ったんで、ちょっくら検閲。

当方リアルで見てたのはスーパー1以来なので、かれこれ25年ぶり。一番びっくりなのは今回のライダー、バイク乗りません。申し訳程度にサブキャラは乗るんですけど、それって「仮面ライダー」なのかは甚だ疑問(時折、後半バイクに乗るような伏線はあるっぽいですけど)。
で、ライダーのみなさまは「鬼」と呼ばれ、工場勤務よろしくシフト体制。なんだか正体バラしちゃってもいいみたいですし。時代は変わりました(笑)。

内容的には微妙なんですけど、今回のライダーは造形がカッチョいいです。見た目、明らかに子供向けじゃない。悪っぽい感じが○。しかも、エンディングテーマは布施明。シブすぎです(笑)。

っつーわけで、なんだかんだいいながら全話見ちゃってる自分なんですけど、やっぱこれって親に見せて子供にグッズをっていう罠にひっかかっちゃってるんでしょうかねぇ?(笑)

第 192 話 復活の時

昨日のエントリでも書きました不具合発生中の我がiMac君ですが、AirMacカードを外したらなんだかスコブル調子が良い模様。
そんなオチかよ!と自分でもあっけにとられてるんですけども、新機種購入かと勝手に色めきだっていた気持ちの落とし所が見つからず、不完全燃焼率120%。

でも、まぁ直ってよかった

第 191 話 選択の時

土日は、保育園の運動会→SW→水泳というコンボでちょいとHPが減り気味。
で、ご主人様のそんな体調に合わせるように、我が家のiMac君がまたも不調に
今回はカナリ深刻な症状で、起動時10回中8回はフリーズします
しかもAirMacカードもお亡くなりになった模様で、ネットワークに繋がりません。

このままだと、いずれHDあたりもイってしまいそうだし、かといって現在無職の身...。
ちょっと調べてみたら、修理代に数万上乗せすれば、新型が変えちゃうんですよね。

カミさんに相談したところ、「買うなら今よ」とのコト。
う~む。
どうしよう。

第 190 話 リアルチキン

中央分離帯のある片側2車線の道路で、分離帯側の車線を走っていたところ、前からオバチャンの運転する車が「コッチ向き」で走ってきました。
何気なく私は車線を変えて、横を通りすぎるオバチャンの車
一瞬、「あれー?」と思いましたが、その後、ドドーっと冷や汗が...

オバチャンアブナすぎるって
もう一歩で明日の朝刊に載ってしまうとこでしたよ。

第 189 話 ホント今ごろなんですけど

思いついたように、「引っ越しました」ハガキを作成。
なにげに右下にはこのブログのアドレスを配して、アクセスアップを狙う姑息な仕様(笑)。
親戚縁者みんなメールを導入してくれると、ハガキ代がかからなくていいんですけどねぇ。


第 188 話 技術屋ダマシイ百まで

家庭内LAN再構築ということでイロイロやってたんです。で、どうしても最後、Windowsマシンだけがネットワークに繋がらない!

述べ2日ほど悩んだ揚げ句、原因はケーブルだったことが判明
やっぱ自作ケーブルは品質が良くないようです。
同ケーブルでMac繋げた時は問題なくイケてたんですよ。それが最後まで惑わせられた理由なんですけども。
まぁこういうトラブルは、最後わかっちゃうと、なーんだってことが多いッス。
でも、わかるまでが非常に胸クソ悪い!なんでダメなのかがわかんないと、ケツがムズムズしてきます(笑)。まぁイイかで終わらせられないのが、技術屋の悲しいサガですね

終わったとはいえ、亜熱帯環境でのケーブルさばきでホトホト疲れましたので、今日はもう寝ます。ふぅ~。

第 187 話 煉獄の門が見える部屋

今のアパートは3つ部屋があるんですけど、寝室と居間はエアコン完備。
ですが、真ん中の書斎に関しては漢のナチュラル・アスピレーション仕様(笑)。
新潟はまだ梅雨にも入ってないようですが、すでにうだるような熱さの片鱗が見えてきています。

今日はzshとその「拷問部屋」にて、デスクトップx1とノートx2というさらにヒートアップにブーストを掛けた構成で、一足先の真夏を体験しておりました。
で、かなりヤバい状況だったので、冷蔵庫から保冷材をもってきてタオルにくるんで脇の下で大動脈を冷やしていたんです。
そこまではよかったんですけども、しばらくして、なーんかジェル状の物が腹の方に流れてるなぁと思ったら、保冷材の袋が切れて中身がドロドロと...
いい感じにクールダウンしてくれたんですけど、変なところが冷えたせいか、お腹が痛くなる始末。

現時点でこんな感じですんで、夏本番になったらどうなっちゃうんだろうと、かなり心配です。

第 186 話 秘孔ひとつで回転希望

今日は逆子回転奥義の話を聞きに済生会病院へ。
ひそかにトキのような男を期待していましたが、別に普通のおっちゃん風の先生だったのが残念

で、その奥義の名は「外回転術」。
技名もいたって普通。やっぱここは「北斗神拳究極奥義無想転生」みたいなイカす名前じゃなきゃですよね!...って、ホントにそんなうさん臭い名前だったら、たぶん受けませんけど(笑)。

とりあえず来週の月曜日にもっかい検診して、水曜日に決行の予定です。
成功率は60%。さてどうなるか!?
ちなみに本文と写真は関係ありません

第 185 話 釣ったら食う、それが掟

本日は釣りへ。
狙いはキスでしたが、2時間ほどがんばっても何の音沙汰も無し。
あきらめかけていたところへ、ビッグヒット!
始めは地球が釣れたのかと思いましたが、無理やり引っ張ってあげてみると何かグロい物体が...



謎の魚です。写真はまな板の上の彼奴。
このとき、実はまだ生きてました。1分後断首の刑に処されましたが、天ぷらにする直前までビクンビクンいってました...

見た目はヤバ目、ですが味の方は超美味
癖の無いブリブリの白身で、おいしくいただくことができました。
...でも、なんて魚ナンダロウ?

第 184 話 我が家の判断基準

Mr.インクレディブルのDVDを購入。
晩飯を食べてから、家族で鑑賞しました。

ウチの場合、映画の評価基準が「カミさんが途中で寝ないこと」なのですが(笑)、この作品は見事基準点をクリア。非実写系では初めてなんじゃなかろうか?オープニングから号泣必至の火垂るの墓も寝てましたし(笑)。

PIXAR系はすべて押さえていますが、脚本も練られてますし、テーマに関してもうまく描かれていて、私的にはカナリ高得点(ちなみに一番好きなのはトイストーリー2。一番アウツなのはニモ)。

ウチの子(3歳)も喜んで見てましたが、大人と笑うところが違う模様。
どーでもいいところでゲラゲラ笑ってました。
おまえが一番インクレディブルだわ(笑)。

第 183 話 トキが出るかアミバが出るか

今日は「旦那さんも一緒に来てください」ということで、産婦人科へ同行。
結果から申しますと、逆子ちゃんは治ってなかった模様。
と、いうことで謎の逆子反転奥義を勧められる。

その謎療法、あんまりリスクは無いみたいで、やらなきゃソンソン的な調子で医者はかなり楽観的。
それじゃあということで、来週の月曜日に別病院にて説明を受けることになりました。
逆子と言っても、エコー検診では首にへその緒が巻き付いてもなく、二人目ってこともあってか別に悩む問題でもないっぽい。最悪帝王切開で生めば子供も母体も全然大丈夫らしいですし。

とはいっても腹をカッサバクのは最終手段としたいので、とりあえず必殺奥義について月曜日に話を聞いてきます。

第 182 話 混ぜるな危険

今日、リースキンのおばちゃんがおもむろに、「ちょっと失礼かと思いますけど、いいですか?」と。
何かと思えば「サッカーの高原に似てますね」と来たもんだ。
...むぅ、そうきたか

坊主頭が災いしてか、ココ数年は高原とやらに似てるとイロンナところで言われる当方。
こう見えても中学校、高校では後藤久美子似と言われてたんですよ!(笑)
ということで、「二人を掛け合わせたら自分になるのか?」を検証するため、フリーのモーフィングソフトMorph Xを使って実験開始。


作成されたモーフィングの動画はこれ(56K/要QuickTime6以上)


結果は...うーむ微妙
どっちかというと現在は後藤久美子20%、高原が80%ぐらいか?(笑)。

第 181 話 事件のニオイ

先日のエントリで街中が臭いと書きましたが、今日zshと車で某所へ赴いたおり、彼も「なんか変なニオイがする」と。やっぱ臭いよね?

どっかの工場から有毒な排出ガスが流れてるだの、某港に停泊している某国からきた貨客船から謎のガスが出されているだの、ちょっと妄想してみましたが、それらを新聞社なんかにタレこんだところで、とんだ電波野郎だと思われるのがオチですかねぇ(笑)。

でもやっぱり臭いんです!何かが匂うんです!

第 180 話 水陸両用主夫

体力作りのため、子供と市営プールへ。

今年初プールだったんですけど、いきなり私のキャップがビリっと切れてしまいまして、頭が半分出た状態でスイミング。
そのまま子供を背負いつつ平泳ぎしてましたら、なんだか監視員がコッチ見てます。やっぱ、頭半だしはマズかったか...。

25メートルを6本ほど泳いだら、かなりヘトヘト。年々体力が落ちていることを痛感。
ちなみに体育の生涯成績が「2」の私。背がソコソコあるせいかスポーツなんかやってたでしょう?とよく言われるのですが、全然というか笑っちゃうほどスポーツ音痴でありまして、唯一人並みに出来るのがこの水泳なので、たまに来てはスイムスイムしてるんです。

とりあえずまた近いうちに来て、もうちょっと体力つけないとですね。

第 179 話 ファブリーズの雨

ここ1週間ほど臭いです。なんか街全体が。
なんというんでしょうか、このニオイ。
どっかで嗅いだことがあるなぁと思って考えてみたら、製紙工場のそばでよく漂っているニオイです。
はじめは、自分ちのまわりだけだと思ってたんですけども、今日買い出しに市街地へ出かけたらまたもこのニオイに遭遇。
原因は不明。風の関係でどっかの工場から流れてきてるのか?
もしやコレとか?

とりあえず臭くてしょうがないので、市内全域にファブリーズの雨を降らせる必要があります。

第 178 話 暗躍する組織「町内会」

ウチのアパートの脇にゴミ捨て場があるんです。

で、当然のようにそこへゴミを捨ててたんですが、どうやら捨て場所が間違っていた模様。
昨日、近所のおばちゃんがアパートへやってきて「ソコじゃないよ」って教えてくれました。
今住んでるアパートは「○○○○2」っていう名前なんですけど、隣の「○○○○1」の方にあるゴミ箱へ捨てるのが本当らしいのです。

っつーか、じゃあウチの横のゴミ箱はなんなんでしょう?
このゴミ箱。使う人の家の横にあるのが筋なんじゃないんですかね?なんでワザワザ人のアパートの横に置いてあるのかが謎。しかも私の部屋の窓の真ん前にあるんですよ。夏場臭そうだし...。

カミさんの実家情報によると、最近「町内会」でこのゴミ捨て場の場所が決ったとのこと。
ちょうどウチが引っ越してくる直前に、ゴミ捨て区画が設置されたようです。
イマイチ釈然としませんけど、どっちにしろ横にごみ箱がある状況はかわらないので、とりあえず大目に見ることにしてあげます。ずっとココに住むわけでもないですしね。

第 177 話 ポップコーンと教育

昨日寝る前に子供と「明日ポップコーン作ってやる」と約束してしまったので、夕飯を食べてから作ってやったんですが、調子に乗って大量につくり過ぎたので、当然大量に食うことに。
しかもポップコーンってやつは見かけによらず油を使うので、結果死ぬほど気持悪くなってしまいました
ブログ用の写真撮るのも忘れてるし...。

ちなみに、ウチの子は「ポップコーン」と発音できない模様。
何度言っても「ポッコーン」となります。「トウモロコシ」も「トウモコロシ」。まるでメイちゃん。

そういう私も保育園のころ「あおやま先生」を「あおま先生」としか発音できず、別の先生から「青山先生呼んできて」と言われ、幼心に「おあまま先生、○○先生が呼んでたよ」と言うわけに行かないしどうしよう!?とドギマギしたコトがありました(残念ながらその結果は覚えてないんですけど)。

閑話休題。
ということで「約束はまもりましょう」&「腹八分目」っつー教育を正に身をもって子供に施してやったわけですが、その真意はハタシテ伝わっているのか?
結果は数年後にわかることでしょう

第 176 話 intelがやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!

朝起きてニュースチェックしましたら、こんな感じになってまして、あら噂は本当だったのねとちょっとビックリ。

あんまし関係ないのですが、先週末ウチにもIntelなWindowsマシンがやって来ました。
正確には私の所有でなくカクガクシカジカあるのですけどソレはおいといて、とりあえず久々にセットアップなんかをしてみたりで「あぁ~、ウィンドウズってこんなだったなぁ」と感慨にふけっていました。
...まぁ30分後には諸設定の煩雑さ加減に「ファ○ク!」な怒りを覚えていたのですが(笑)。
(機材を格安にて提供の諸氏には感謝してます!)

とりあえずIntelチップ搭載のPowerBookが出るのは数年後になりそうですけど、そのころには速攻で「Buy Now」できる人間になってたいなぁ。

第 175 話 折れたアンテナ

当方、マカーなので当然のごとくデフォルトブラウザは「Safari」。
現バージョンから「RSS」を認識するようになりまして、日々のニュース&ブログ巡回に重宝しているのですが、一寸問題が...。

どうも「ヤプログ」のRSSに関しましては、イマイチ感度がイクナイっぽい。なんかずーっと更新されないなぁと思ってたブログがありまして。何気なくRSSの「再読み込み」をやってみたら、実は更新されてたなんてことが何度かありました。

で、そういやウチもヤプログだわと思い、試してみたらやっぱり再読み込みしないと更新情報が反映されない...。これってバグっすよねぇ
と、いうことでSafariをご使用のみなさまで、ヤプログのRSSを拾っている方はご注意ください。

第 174 話 例えるならムキたてのゆで卵

ウチのチビ助が髪を切りに行くというので、一緒に床屋へ。

当方は刈り込み幅3mmの自称硬派坊主のため床屋は一番縁遠いサービス業なのですが、なにせ襟足まわりはMyバリカンの不得手とするところですので、たまには奇麗にしてやろうということで、「顔剃りのみ」コースをお願いしてみました。

いっとき、歯医者よりも床屋が嫌いなことがありましたが、久々の顔剃りはなんかウブ毛分が軽くなったような爽快さ。やっぱプロは違いますねぇ。顔まわり首回りがスカっとしました

っつーことで、当社比2%ほどサワヤカになった主夫は、この一週間もカロヤカナ気分で過ごせそうです。

第 173 話 残る手段はジャイアントスイング

以前逆子云々と書いてましたが、いまだに治らない模様。

とりあえず、コレをやってたみたいなんですけど、全然ダメ。
っつーことで、ここ1週間はカミさんの足首を持って上に引き上げるアクロバティックな体操に切り替え。
しかし、今日検診行ったら「まだダメですねぇ」とのこと。

予定日は7月29日なんですけど、10ヶ月入ったら体操も禁止らしいのでそれまでに逆転ホームランを打たなきゃです。
なんかイイ治療法ありますかねぇ?

第 172 話 できればβ-エンドルフィンを所望

この前、料理してましたら油が飛び散りまして、腕の十数ヶ所にギッタギタに熱せられた油を浴びてしまいました。
当然水膨れになりまして、久々にオロナインなんかを塗ってたんですけど、やっとこさ治ってきた模様。

で、不思議に思うんですけど何で治りがけってのは患部周辺が「かゆく」なるんでしょうね?
かゆくなると掻いちゃうんで、体的には掻かないように「気持ちよくなる物質」等を分泌してくれればと思うんですけど。

顕微鏡とかでよーく見ると、皮膚がウネウネ~っと再生してるんですかね?
そう思うと、また何だかムズ痒くなってきますね

第 171 話 転送エラー発生中

2週間ほど前から郵便物の転送を郵便局に申請してあるんですが、いまだに旧住所の方に郵便物が行っているみたいです。

今日、ハウスクリーニングの代金支払いで旧アパートを管理している不動産屋へ行ったら、「なんかまた郵便物来てました」とか言われ、渡されたのがクレジットカードの利用明細。
アワワワワ。まずいでしょーコレは。なんかすでに旧アパートには誰か住んでるみたいですし。

今日は忙しかったんでダメでしたが、明日郵便局にクレームのTELアタックですよ!

第 170 話 世知辛いシチュエーション大賞


この前、チャリで街を流してましたら、明らかに福祉関係の車が、横断歩道をわたっている老人にクラクションを浴びせまくり。社用車でそりゃないだろうと思いつつも、「こりゃブログネタになるな」と思う不謹慎主夫なのでした

(注)福祉関係車両の絵は実際のモノと異なります。
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。