第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 352 話 不良を更生させてみる

ここ数ヶ月ウチのiPod2号機が調子悪しだったんです。
リセットしても左の写真のような「Sad iPod」が表示され復帰できず。

っつーことで、Tech Tool Proというハードウェアのチェックツールにてテストしてみたところ、どうもハードディスクに不良セクタが発生していた模様。
唯一の解決手段は、「0クリアフォーマット」
これはハードディスクをフォーマット(初期化)する際にすべての領域にゼロを書き込んで完全に内容を消去する方法。このやり方のフォーマットを行うと不良セクタが回復する可能性があるそうです。

で、結果ですけど、いまんとこはなんとか「更生」できた様子。
もし、同様の症状がでてる方がいらしたら、サポートに電話する前に試してみてください。
ちなみにiPod(mini/nano/shuffle以外)の修理費は一律29,800円です
スポンサーサイト

第 351 話 確定しちゃうよ

やっとこ確定申告の全資料を作成。
ホントは初回なんで、税務署まで提出に出向いた方がいいのか?と思いつつも、面倒なので信書便で送ってすまそうかと考え中。

しっかし、面倒ですね確定申告。
どうせ個人情報なんてダダ漏れですんで、買い物するときに住基カード使うようにすれば、決算処理や確定申告資料作成を自動でやってくれるシステムを希望。

とはいいつつも、そこまで極端なシステムはたぶん無理ですんで、とりあえず来年はちょっとでも作業量軽減のために電子申告(e-tax)っつーサービスを使ってみようかと。
...って、推奨環境みたらMac未対応だし

第 350 話 身近のレッドリスト

今日は保育園の「ひなまつりお楽しみ会」でした。
例年カメラマンの定位置であった体育館の端っこ部分が、今年から先生の通り道に指定されてしまったため、やむなく客席にて三脚を占有面積最小形態にして撮影。あぐらをかきたいところでしたが、あまり場所をとらないように配慮して、1時間ほど正座で苦行僧を演じてみました。自宅でも基本は正座ですけど、やっぱ長時間はちょっとツラかったっス(笑)。
千円くらい払ってもいいので「報道陣席」みたいなのを作ってくってほしい今日このごろ

ところで、最近の幼稚園児には「ハナタレ小僧」がいなくなったような気がしませんか?
私が小さいころは常時バルブ全開の筋金入りハナタレマスターがいましたけどねぇ。大概の子供は利き腕の袖をテカテカに光らせていたものです。

ただ単に寒いところで遊ばなくなったのか、それとも体質が変わったのかはわかりませんけど、なんかちょっと全体的にチビっ子っぽさが薄れているような気がして少々残念なところ。
きょうびのチビっ子は見た目も言動もあんまり子供っぽくないですからね。
昭和時代の古き良きモノが失われてしまったように思えるのは、たぶん歳をとったからなんでしょうね

第 349 話 ひらひらのパスタ

明日保育園で「ひなまつり会」があるんですけど、最近そこで発表する歌を鼻歌交じりに長男くんがうたっております。
そこそこテンポが早くて、歌詞が覚えられないみたいで、ほとんどメロディに合わせてデタラメな歌詞をがなり散らしてるだけなんですけど、よく聴いてみると少しだけ言葉が判別できる部分を発見。

ひらひらのパスタ~」

「パスタ」とあるのでてっきり食べ物の歌かと思ってました。
実際聞いてみると、「うん、パスタの歌だよ」との返事。
でも、どっかで聴いたことあるなぁと頭の片隅にひっかかてたんです。
んで、今日夕飯を食べてから買い物へ行ったんですけど、そこでラジオから平井堅の「POP STAR」が流れてきました。そしたら、長男くんが、「あ、これパスタの歌じゃん」

「ひらひらのパスタ」→「キラキラのPOP STAR」

なるほど(笑)。
リアル空耳アワーでした(邦楽なので「ボキャ天」か?)。

第 348 話 シュールレアリスムここに極まれり

先ほどNHK手話ニュースで、なんともユルいニュースをやっておりました。

以前「トリビアの泉」でも取り上げられてましたが、今年も上野動物園で恒例の「猛獣脱出対策訓練」が行われました。で、その猛獣ってのが右のイメージみたいな凶暴のかけらもないマスコット風情の着ぐるみ。
シチュエーション的には地震発生によりケージが壊れ、オスゴリラと毒蛇が逃げ出したという設定。
毒蛇さんももれなくヌイグルミなんですけど、捕獲要員のみなさんは結構マジで網を片手に大捕り物を展開し、途中「うわっ!噛まれた!」なんていう演技まで入る念のいれよう。ちなみにゴリラは麻酔銃で眠らされ捕獲されました。

しかし、実際猛獣が逃げ出すなんてあるのかと思って調べてみましたら、上野動物園だけでも3件ほどあるみたいです。

 昭和52(1977)年4月13日 インドゾウ
 昭和42(1967)年3月14日 インドゾウ
 昭和11(1936)年7月25日 黒ヒョウ

黒ヒョウなんてマジ怖いです。ちなみにゾウも何気に高速移動可能(時速40km/h)なので油断できません。この訓練は昭和 55 年から始まったみたいですんで、なにげにリアル体験から生まれた訓練だったんですね。
しかし、もうちょっとマシな着ぐるみは用意できないもんなんでしょうか?

第 347 話 帰ってきたニセクリ

前回は惨敗でしたが、今回はいくらかクリステル度がアップ(当社比)。

でも、今回のはちょっとズルしてるんです
使用しましたソフトは「ArtRage」というドローイングソフト(Win/Mac対応)。
無料版と有料版があるんですけども、貧乏なので当然無料版をチョイスして試用。ですが、これがかな~り高機能なのです。
Painter」ほどの機能はいらないけど、「ペイントブラシ」じゃものたりないって人にはバッチリフィットかと。

で、そのArtRageに「Tracing Image」という機能があるんですが、元となる画像を指定しますとその元画像から色を拾ってくれてあとはてきとーなペンで塗り塗りするだけで、あらあら見事にクリステル様のご尊顔に。

と、いうことで先生や上司に「明日までにリアル画を描いて来い」と無理難題を言われたら、是非「ArtRage」をご利用ください(笑)。

第 346 話 失楽園

先週末、立て続けに不穏なニュースが...。

ウィルスとは無縁だった楽園を追い出される日が、ついに来てしまったようです
Intelプロセッサの搭載が、さも禁断の果実であったかのような出来事ですね。
(ただ、タイミングが重なっただけだとは思いますけど)

まぁ、いままでウィルスやワームに狙われなかったのは、単にMac(OSX)のシェアが低かっただけなんで、いつかこの日が来るとは思ってましたけど、いざ来てしまうとなんともやり切れないキモチになります。
ウィルス対策ソフトなんかの余計な処理に、無駄なCPUパワーを食わされるのは非常にムカっぱらが立ちまくりんぐ。

でも、来てしまったものをグダグダ言ってもしょうがない。
とりあえず避妊方法を考えないといかんですね。

第 345 話 じぞさまこ

小学校低学年のころ「じぞさまこ」と呼ばれる遊びがありました。
じゃんけんで鬼を決め、鬼の人が後ろを向いて、
「昼か夜か地蔵様か、それとも鉄砲か雪だるまか?」
と叫び、振り向きざまに上記名詞の中から一つを宣言。
で、選んだものによって鬼が他の人を捕まえる手段が変化します。

昼    → 通常の鬼ごっこタイプ
夜    → 全員が目をつぶって鬼ごっこ(鬼だけかも?)
地蔵様  → 失念
鉄砲   → 振り向きざま指で鉄砲をつくり、任意の方向を指さす
       (指さした方向に人がいればそのひとがアウト)
雪だるま → 失念

どのタイプでも最初に捕まった人が次の鬼になります(たしか)。
ちょっと気になってググってみましたが、それっぽい遊びは探せませんでした。
地蔵様おにごっこ」というものもありましたが、どうも私の記憶とは違うような...。

「地蔵様」と「雪だるま」を選択した場合の内容が激しく気になるので、どなたかご存知の方がいらしたらご一報ください

第 344 話 ウチら世代は体操着と呼ぶ

時効警察」が本クールイチオシドラマなのですが、オダギリ扮する霧山修一朗が着てるジャージがカッチョよい。
なので、おもむろにジャージが欲しくなってしまう

ファッション関連はどっちかというと疎い方ですので、どこらへんのがいいのかワランチンなのですが、少々ネットをブラついてましたら、結構よさげなのを発見。
FRED PERRYっつーとこのやつなのですが、ジャージだと思って甘くみてたら軽く1万オーバーしやがるのですね。

この歳になってジャージデビューってのも何ですけど、こんど会ったとき着てたら「バカなヤツだなぁ」と思ってやってください(笑)。

第 343 話 歴代ナイキ・レンジャー

あんまり似てるといわれない兄妹ですが、あらためて並べてみてもあんまり似てません。
ちなみに1号(長男)は4年前で4ヶ月のときの写真。2号は現在7ヶ月。

この写真では3ヶ月ほど1号の方が若いんですけど、やっぱり2号は小粒な模様。
ちなみに、機動力は2号が勝っておりまして、すでに掴まり立ちをマスターして、もうちょっとで歩き出しそうなイキオイです。
しかし1号の髪多すぎですね。半分でも2号にわけてやれればいいんですけどもねぇ

第 342 話 ファイヤータンス


このところ、寝る前にベッドでCSS関連の再勉強をしてるんですけど、そこで使ってる照明器具でちょっとやらかしてしまいました。

写真右のイカ釣り漁船の装備品みたいなやつですが、規格外の電球を無理やり付けてるんで上の部分からちょっと電球がハミでてるんです。
んでもって、そのハミでた部分が超高温になるんですよ。もう、肉が焼けるぐらいに。
で、何かの拍子にコイツがゴロンと転がりやがりまして、見事に子供ダンスがまっくろくろすけ

あやうく一家そろって朝刊に載ってしまうところでした(笑)。

第 341 話 豆男と雪ダルマの聖歌隊

iTunes Music Storeで絶賛展開中の
10億曲ダウンロード・プロモーション
キッチリ10億曲じゃなくても、10万曲ごとのキリ番ゲットでも商品がもらえるんで、ちょっと狙って曲を買ってみました。

今回購入しましたのは、「THE CHOIR BOYS(クワイア・ボーイズ)
微妙にマイナーですが、あの「ミスタービーン」のテーマと「スノーマン」のテーマを歌ってるといえば、耳にした方も結構いるんじゃないでしょうか?
ここ最近はハードロック三昧の私ですが、たまにはSarah Brightmanや、Loreena McKennittといった癒し系も聞いて絵本執筆のため、心の洗浄(笑)。ダークサイドからの軌道修正を行うんです

っつーことで感想ですが、とにかくこのアルバムは「透明で美しい」
ディストーションでゆがんで煤けた心の芯まで、澄んだ音色のボーイズソプラノが響き渡ります。
たぶん明かりを落とした暖炉の前で聞くと、ぜったい泣きます、泣かせます
来るバレンタインデーで彼氏 or 彼女にフラレた折りには、是非オススメしたい一品でございます(笑)。

あ、ちなみにキリ番ゲットはダメでした


The Choir Boys

THE CHOIR BOYS / THE CHOIR BOYS

第 340 話 カミーユ?

買いました。
SEIKO VIDAN NX2065

見た感じ、ホワイトな部分はiBookライク、中央部にリンゴステッカーを貼りたいところです。
私の携帯P900iにも何気にマッチしてるとこも◎。
(と、いっても一緒に持ち歩くわけではないですけど(笑))
前のは7年落ちですので、比べるのもなんですけど、やっぱ切れますね

毎朝動きの鈍いボロシェーバーで時間をムダに消費してたわけですけど、これでもう5分長く寝てることができるかな?(笑)

第 339 話 歌う少年

え~、たったいま、しかもいまごろ「ハウルの動く城」を鑑賞し終え、どうにも煮え切らないモヤモヤ感を抑えきれずにいる主夫でございます(笑)。

さて、昨日の予告どおり、本日は「本物の回る寿司屋」へ。
で、男二人でパクパクと皿を積み上げていたのですが、思いついたように長男くん(4歳)が、
「う~ん。いっぱい食べ過ぎたので、ウ○チがでそうになってきたみたい...」
と、さも人ごとのように言うので、トイレへ直行したわけです。
「歌う少年」の続きを読む

第 338 話 違いの分かる男たれ!

昨晩、子供との会話。

カミさんが金曜日飲み会とのことなので、長男と外食しようかと思いつく。

(主夫)「よし、明後日寿司食べにいくぞ」
(長男)「やった!寿司?本物の寿司?」
「ほ、本物って...」


まるで偽物の寿司を食わせたことあるみたいな口ぶりに一瞬たじろぐ主夫。
うーむ。たしかに一皿が定額のヤツは「本物」と呼ぶに値するシロモノなのか?
が、ここでキョドっては親父の威厳にかかわるのでキッパリと言いきってやる。

「そう、本物の『回る寿司』だ
「やった!わーい!」

まぁ、そのなんだ...ウソは言ってない(笑)。
彼の既知世界における絶対の真実。それはこの世には、回らない寿司は存在しないということ。
(スーパーで売ってるやつとか、たまに仕出しでとる寿司はたぶん忘れてると思われ

と、いうことで明晩は男同士で「ある意味、本物」を味わってくることにします

第 337 話 発育曲線上のアリア

ウチの2号機(7ヶ月)ですが、発育曲線(体重)でみますと下限を下回っておるようです。
まぁ、体重に関しては標準より多くならなきゃオッケーな感じはしますけど、やっぱりあんまり少な過ぎると親としてはマズいと思っちゃいます。

っつーことで、最近は体重アッププロジェクト発動中。
母乳から粉ミルクにシフトし、フォアグラ用ダックよろしく栄養素の強制投入を行っております。
(離乳食始めるのが若干遅かったのも敗因の一つかな)

次回の検診では必ずや下限突破を目指す所存。
まて次号。

第 336 話 この際、伸ばすという手もある

Myシェーバーなんですけど、かれこれ7年ほど使ってます。
最近は充電池がヘタりきってて、常にワイヤードでないと稼働しません。

ということで、新しいやつが欲しいところではあるんですけど、どうして巷のシェーバーはなんかやっすい特撮物の小道具みたいなデザインのしかないんでしょうね?
(とかいいつつ、今使ってるのもぜんぜんCoolじゃないんですけども)

ということで、探してみますとイギリス製のイカすフォルムのガジェットを発見。
これなんですけど、なんか見た目がライトセーバーチック。
まぁ、コレも結局なにかの小道具っぽかったりするんですけども。
っつーか、よく見たらひげそりじゃないし(笑)。

とりあえず他も物色してみましたが、セイコーエスヤードの「ヴィダン NX2060」はそこそこマシな感じです。値段もまぁまぁなんで、これにほぼ決定かな。

第 335 話 本日はここでビバークする

20年ぶりぐらいに「かまくら」なんぞを作ってみました。
まぁ、ここ数年は作りたくてもそんなに雪が積もらなかったのでできなかったのですけども。

小一時間ばかり雪を盛り上げて、スコップで中をグリグリ。
案の定、腰にキました(笑)。

いまでこそ万年デスクワーク野郎ですが、小さい頃は意外にアウトドア肉体派(ガリガリでしたけど(笑))。
夏の秘密基地、冬のかまくらと「俺の部屋」作りにせっせと勤しんだものです。

長男もその血をひいているか、まるでバカか犬のように嬉々として、かまくらから出たり入ったりを繰り返しておりました。
ひさびさにイイ汗かいたので、今夜はぐっすり眠れそうであります。

第 334 話 シニアのステータス


長男の時は阻止したのですが、長女に対しては陥落。
っつーことで節句人形が実家にやってまいりました。

さすがに7段とかいうフザけた仕様では無いですけど、購入いたしました3段飾りでも充分の威圧感。
どっちにしろアパートには置けません(笑)。
当の本人である長女はなんのことやら分からないらしく、ぼへ~っという顔で眺めていました。

孫が娘だと、やっぱどうしても買いたくなるんですかねぇ?
自分がそうなっても絶対買わないような気もするんですけども...。
「節句にはMacBook proを」とか言うのなら話は別ですが(笑)。

第 333 話 貧乏人はこういう商法に魅かれるという典型

本家ではちょっと前からやってましたけど、日本のアップルでも、Final Cut Studio優待アップグレード申し込み受付がはじまりました。

もともとは単品販売していた数本のソフトを抱き合わせて128,000円で売ってるんですけど、旧バージョンをもってると破格値の12,300円~75,000円でアップグレード可能。

でも、現行バージョンはイマイチ「売り」が少ないんですよね。そもそも私のマシンではちょっと非力すぎる部分もありますし
ただ、この値段は魅力的すぎ
買わなきゃ損って感じにさせやがってチッキショーな感じです

幸い期間は今年いっぱいのようなので、悩む時間はたっぷりとあります。
アフェリエイトでコツコツ稼ぐことにしますか。
(それだとたぶん100年くらいかかります(笑))

第 332 話 即席キャスバル兄さん

牛乳パックで紙工作。
ココに帽子の作り方があったので、それを参考にアレンジしてみました。


どうでしょう?
ツノがありませんけど、某赤い彗星の方風のキャップでございます(笑)。
かぶらされてる本人もまんざらでも無い様子
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。