第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 136 話 お前を料理してやる!「ニンニクなしギョウザ」

約2ヶ月半ぶり。忘れた頃にやってくるこのコーナー。
ギョウザの皮を買ってあったのを思い出して作ってみました。

シリーズ第5回目のお題は「ニンニクなしギョウザ」


<用意するもの(2人前)>

・具
 ・豚ひき肉(200グラム程度)
 ・わけぎ(2本)
 ・ニンジン(半分)
 ・ショウガ(ひとつ)
 ・塩(少々)
 ・こしょう(少々)
 ・ナツメグ(少々)
・ぎょうざの皮
・卵白
・水(半カップ)

<作り方>
(A)わけぎ、ニンジン、ショウガをみじん切りにして、
   その他の具の材料といっしょにまぜます。
(B)具の材料をギョウザの皮にのせ(全体の1/3ぐらいの分量)、
   皮のへりに卵白を塗って閉じます。
   閉じるときは、がんばって例のギョウザ折り模様をつけてください。
   (卵白塗ってあるんで面倒なら折り込まなくてもオッケー)
(C)熱したフライパンに油をひき、ギョウザをのせて強火で焼いてください。
(D)1分ほど熱したら、水を入れてすぐにフタをします。
   で、水がなくなるまで中火で蒸し焼きにしてください。
(E)水がなくなったらフタをとり、油を少したして1分ほど強火で焼いて完成。

<採点(5段階)>

旨度:
面倒くさ度:
弁当転用度:

<総評>

味が微妙(笑)。
とりあえず弁当に入れるために、ニンニクなしとしたんですが、
かわりとして入れたナツメグもあまり効果がなかったよう。
いっそのことチーズとか、シソの葉なんかを入れるとよかったのかも。
あと、具がだいぶあまったので、油揚の巾着に具と溶き卵を入れて、甘めの和風だしで煮てやったんですが、コッチの方が旨かったというオチ
スポンサーサイト

コメントありがとう

コメントを投稿しちゃう
サイトのURL:
Gravatar
コメント:

編集パスワード:
秘密モード: ココの管理者にだけコメントを伝えます
 

トラックバックありがとう

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。