第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 142 話 巨人と小人が出てきます

山ごもりしてきたんですけど、ちょっとヤバいことがありましたんで、その話を。

今回は「鷹の巣」というキャンプ地にてお泊まりしたんですが、シーズンちょい前のためか、ウチの家族以外は管理人も含めて夕方全員帰ってしまい、結局キャンプ場全体を貸し切り状態。
一通り夕食もすませたら暗くなってきたんで、やることないから早めに寝るかということに。

で、電気ランタンだけつけて寝床に入ったんですが、しばらくするとなにやら「チャリン、チャリン」という鈴の音が...。
そういや、シェラフしくときにファスナーがチャリチャリいってたなぁと思い、ファスナー部分をシェラフの下にして、音が鳴らないようにしました。んじゃ、あらためて寝ようかと目を閉じると...。

...チャリン、チャリン。
って、まだ鳴ってます
う~む。ヤバい何かヤバい!(笑)

外はシトシト雨が降り始めて若干風もふいてるみたいですが、鈴のようなものはないはず。そもそも寝るまでは鳴ってなかったし。
なんだかカミさんも音に気づいたらしく「何の音?」って聞いてきました。
しかし、キャンプセット運搬で疲れてたのと、言葉次第では「これから帰ろう」とか言いだしそうだったので、とりあえず「ネズミでもいるんだろ?」と適当にこたえておきました(笑)。

一瞬、「Twin Peaks」を思いだし、「ここはもしやブラッグロッジか?」などとも思いましたが、まぁ霊感なんてものはありませんし、たとえ霊とかいうものでもそれ以上悪さをするでもなかったので、そのまま寝てしまい無事に次の朝を迎えました。
でも、いったいアノ音は何だったんでしょうか。
スポンサーサイト

コメントありがとう

コメントを投稿しちゃう
サイトのURL:
Gravatar
コメント:

編集パスワード:
秘密モード: ココの管理者にだけコメントを伝えます
 

トラックバックありがとう

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。