第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 143 話 左手の爆弾

シリーズ「持病とともに生きる」
第一回は「手首の痛み」です。

数年前よりギターのコードを押さえるときに、左手の手首に激痛が走るようになりまして、整形外科とか行ってみたこともあるんです。ですが、原因不明っぽくて適当に腱鞘炎とか診断されちゃって、当然一向に治る気配もありませんでした。
でも、ギター弾かない限り日常生活であんまり困らないので、そのままほっといたんですけども、フト思いついて行きつけの整体師に症状を話してみました。

すると整体師曰く、「腕の腱がのびちゃってるんではないか?」とのこと。
そういや、数年前zshと自主制作ビデオの撮影中、暗闇を全力疾走してて壁に激突。体をかばうために延ばした腕(正確には肘)をボキリと折ってしまったことがありました。そのことを伝えると十中八九それが原因で腱が伸びたんではないかと。加えて「治りませんね」とダメだしもくらいました

前述の通りあまりフダンは困らないんですけど、ちょっとした拍子にズキンと左手首に電撃が走り、若かりし頃の暴走を思い出させてくれる、そんなホロ苦い思い出を持つ持病なのでした。
スポンサーサイト

コメントありがとう

コメントを投稿しちゃう
サイトのURL:
Gravatar
コメント:

編集パスワード:
秘密モード: ココの管理者にだけコメントを伝えます
 

トラックバックありがとう

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。