第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 153 話 最後の夜

冷蔵庫の中身をやっつけてましたら、奥の方から「自家製ニンニク油」がひょっこり出現。
そういや、ずっとまえカミさんのお母さんからもらったやつなんですけど、ずっと使ってなくて存在すら忘れてました。引越の荷物になるんで、ちょっと悪いと思ったんですけど、捨てちゃうことに。

で、捨てたんですけど。
台所が劇クサです。ガス警報器が鳴るんじゃないかというくらい臭い!
窓開けッパでも、一行に臭さが引かないです。
おそらく放射性物質なみの半減期を持つニオイです。
なんか、鼻の奥の粘膜にニンニク粒子がこびりついてる感じが...。
かれこれ8年ほど過ごしたアパートですが、最後の思い出が「ニンニク臭」ってのは、チト悲しいなぁ

と、いうことでお後がヨロシクないですけども、明日は引越決行です。
スポンサーサイト

コメントありがとう

コメントを投稿しちゃう
サイトのURL:
Gravatar
コメント:

編集パスワード:
秘密モード: ココの管理者にだけコメントを伝えます
 

トラックバックありがとう

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。