第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 158 話 実際はクローズド価格

電化製品を買おうと思ってパンフもらってくると出てますよね、「オープン価格」ってヤツが。
これって超意味わかんなくないですか?

メーカー希望価格と販売価格がズレてるんで消費者を混乱させないためとか、市場が価格を決めるためとかいわれてますけども、第一卸値ってのはメーカーが決めてますし市場が価格なんて決めてないですよね?実際いくらなのかわかんないと、どんくらい特をしてるのかすら判らない。っつーか、そもそも販売店行かないと価格がわかんないってのは、すごく消費者に優しくないと思うんですけども。
まぁ、最近は店まで出向かなくてもネットである程度わかりますけども、消費者全員がそういう環境ってわけっでもなし。

っつーことで、主夫的にはメーカーは「卸値」で表記をして、小売店がどんくらいの利幅でやってるのかっつーコトで競わせる方が消費者的にはいいんでないかと思うんですけど。そっちの方がストレートっすよね?

真の「オープン」を消費者に!
(自分が売る立場だったら「卸値」出したくないですけども
スポンサーサイト

コメントありがとう

コメントを投稿しちゃう
サイトのURL:
Gravatar
コメント:

編集パスワード:
秘密モード: ココの管理者にだけコメントを伝えます
 

トラックバックありがとう

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。