第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 162 話 主夫ネゴシエイター:後編

アパートの修繕は不動産屋通さずに、大家さんと借り主が負担するみたいなんですが、そこに盲点が...。

ごめんなさい。
完敗です...orz。

大家さんが、すごく人あたりのいいおばあちゃんだったんです。
しかも足が悪いらしく、ウチが借りてた部屋は2階だったんで、やっとこさっとこ階段を上ってました。見かねた私はちょっと荷物を持ってあげたり。
ということで、ネゴもなにも、そんなおばあちゃんに「早く出るからその分マケレ」とも言えず。
終始和やかな引き渡しセレモニー。

でも、まぁ荷物持ってあげたことが効いたのか、一部屋分の壁紙張り替えを持ってもらったりしたんで、結果的にはよかったのかなぁと
とか言ってて、法外な請求書が来たりして(笑)。
スポンサーサイト

コメントありがとう

コメントを投稿しちゃう
サイトのURL:
Gravatar
コメント:

編集パスワード:
秘密モード: ココの管理者にだけコメントを伝えます
 

トラックバックありがとう

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。