第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 18 話 インをデッドに攻める男

基本的には内向的なのかな?
夏よりも冬が好きだし。
スポーツよりは映画鑑賞。
アップテンポよりもスローバラード。

理由なんですけど、
基本的に体を使ってリアルタイムに何かを表現するのが苦手なんですよ。
電車内漫才とか、なんちゃってバンド活動なんてこともやってましたが、そこらへんはかなり例外的。
人に聞くと特にスポーツはヤバいらしく、走るとロボットみたいだって言われます
普通は無意識に動かせる筋肉に、何かしらリミッターがかかるといいますか、ダイレクトに脳と直結しないんですよね。たぶん人の目を意識しすぎて、タイミングがワンクッション遅れてるんです。
まぁ、この歳になるとコンプレックスってほどでもないですが、昔はちょっと悩んでましたね。やっぱダイナミックに体を動かして表現できるってのは、視覚的にも感覚的にもカッチョいいですもん。

でも元来目立ちがりの性格なせいか、そこらへんを「こんちくしょう」と思って始めたのが絵とか作曲なんですけども、それでも「作ってる途中」を見られるのは非常に苦手。表現しづらいんですが、着替え途中を覗かれてるような感じで内心ソワソワです。

でも、こういうのは内向的って言わないか

ただ、フラストレーションとかムカつくことってのは、インへインへ持っていく方かもしれません。で、そのプレッシャーを原動力に何かを作るってことをしてきた感じです。
言うなれば「こんちくしょう内燃機関」とでも申しましょうか。
で、今回はそれを溜めすぎて自壊しちゃったんですけども

いろいろありますが、そういう性格なんだしショウガナイ。
何であれ一通りわかっちゃえば、あとは何とかなります。
スポンサーサイト

コメントありがとう

コメントを投稿しちゃう
サイトのURL:
Gravatar
コメント:

編集パスワード:
秘密モード: ココの管理者にだけコメントを伝えます
 

トラックバックありがとう

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。