第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 187 話 煉獄の門が見える部屋

今のアパートは3つ部屋があるんですけど、寝室と居間はエアコン完備。
ですが、真ん中の書斎に関しては漢のナチュラル・アスピレーション仕様(笑)。
新潟はまだ梅雨にも入ってないようですが、すでにうだるような熱さの片鱗が見えてきています。

今日はzshとその「拷問部屋」にて、デスクトップx1とノートx2というさらにヒートアップにブーストを掛けた構成で、一足先の真夏を体験しておりました。
で、かなりヤバい状況だったので、冷蔵庫から保冷材をもってきてタオルにくるんで脇の下で大動脈を冷やしていたんです。
そこまではよかったんですけども、しばらくして、なーんかジェル状の物が腹の方に流れてるなぁと思ったら、保冷材の袋が切れて中身がドロドロと...
いい感じにクールダウンしてくれたんですけど、変なところが冷えたせいか、お腹が痛くなる始末。

現時点でこんな感じですんで、夏本番になったらどうなっちゃうんだろうと、かなり心配です。
スポンサーサイト

コメントありがとう

コメントを投稿しちゃう
サイトのURL:
Gravatar
コメント:

編集パスワード:
秘密モード: ココの管理者にだけコメントを伝えます
 

トラックバックありがとう

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。