第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 213 話 マヤカシの頭文字D

なんとなくわかってましたが、結局ものわかれ

次世代DVDのフォーマット規格を統一しちゃう?っつーことで、ソニー、松下陣営の「ブルーレイディスク」と、東芝の「HD-DVD」が落とし所を模索していたようですが、8月いっぱいがリミットと言われてましたが、やっぱりなぁって感じに。
まぁ、消費者としては、いずれ出るであろう「両規格対応ドライブ」を待つのみなのですけども(笑)。

で、規格といえば、昨今電気屋さんが売り込みにやっきになってます、大画面のハイビジョン対応テレビ。「D端子がついてるので、ハイビジョン時代も大丈夫!」っつー売り文句で大セールを展開してますが、このD端子というのがクセモノ。
(D端子に関する詳しい話はココらへんをみてください)
そもそも、このD端子のDってのが「デジタル」じゃなくて端子の穴が「D」に似てるからってとこから来てるっつーのも怪しさ爆発してます(しかも信号のやりとりはアナログ)。
たしかに電気屋さんのおっしゃるとおり、日本で今後発売されていくであろうハイビジョンチューナーに関しては、D端子でテレビと繋ぐことができるのですが、実はチューナーとは別に次世代DVDプレーヤーでは「D端子での接続ではテレビで視聴不可になるかもしれない」んです。
これって結構「えぇ~!!」です
ハイビジョンの地上派テレビはみれるけど、自分で買ったハイビジョンDVDは見れないなんて!

なんでも、前述しましたとおりD端子はアナログ。それじゃーコピーガードがかけらんないじゃねーかとメリケンさんのコンテンツホルダーがゴネてるらしいのです。で、デジタル規格のHDMI端子で接続しないと映画見せてやんないってことになりつつあるらしい。
で、現状HDMI端子搭載機はほとんどないのが現状。どーすんだろ?電気屋さん。
クレームの嵐が他人ながらに心配だったり。
(コノ場合、怒るべきは電気屋さんじゃないんですけどね)

で、なんで、こんなことをグダグダ言ってるかというと、ウチのテレビにもHDMI端子ついてないのですよ(笑)。トホホ...
くだらんグチのための長文、失礼しました。
スポンサーサイト

コメントありがとう

コメントを投稿しちゃう
サイトのURL:
Gravatar
コメント:

編集パスワード:
秘密モード: ココの管理者にだけコメントを伝えます
 

トラックバックありがとう

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。