第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 225 話 ひとり台風クラブ

あえて擬音表現にするならば「ゴゴゴゴゴ」ってな感じで、ジョジョばりなサウンドエフェクトが外から聞こえてきてます。
さすが、カトリーナ級台風。私の居住地に対する直接攻撃は免れましたが、結構すごい風でございます。


台風といえば、小さい頃テレビドラマで縁側の窓を板で補強する場面をよく見たのですが、あれになぜか憧れていました。普段やったら怒られること必至の、家に釘を打つという背徳行為に対する憧れ(笑)。まぁ、結局実現されることはなかったんですけど、なんか台風っつーと特別な雰囲気を感じてひとりドキドキしていたものです。
まぁ現実問題今回も結構深刻な被害が出ているようで、そんなノンキなこと言ってられないのは大人になってしまった今は重々承知ではありますけども、小さい頃に感じたなにかを忘れてしまったような気がするのもまた事実。

ちなみにタイトルの引用元である「台風クラブ
結構いい映画です。
スポンサーサイト

コメントありがとう

コメントを投稿しちゃう
サイトのURL:
Gravatar
コメント:

編集パスワード:
秘密モード: ココの管理者にだけコメントを伝えます
 

トラックバックありがとう

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。