第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 229 話 ダークサイドジャム

金曜日の飲み会で飲んだ「ゆず抹茶サワー」が美味しかったので、そのベース原料と思われる「ゆずジャム」を自作してみることにする。
いつも通り、レシピは調べない。それが俺流(笑)。


とりあえず、ゆずを細かく切って煮る。
ひたすらに煮る。
途中、上白糖が切れたので黒砂糖なんかもいれて更に煮る。


この時点で味見したところ、ゴーヤ並に苦かったので更に黒砂糖を投入。
戸棚にリキュール類がなかったので、日本酒をブチこんで煮る。
まだ苦いので、手近にあったみりんなんかも投入してみつつ煮る。



選挙戦の動向を睨みつつも、というか睨み過ぎてて、気付いたらジャムというよりもカルメ焼きのようになっていたので、あわてて火を止めて完成。
完成っぽくないけど、とにかく完成とする(笑)。


見るからにヤバいですが、味は黒飴に胆汁を絞り込んだといいますか、蒸気パン(ポッポ焼き)の焦げた部分を10倍に濃縮したというか、とにかくそんな系統の味(笑)。
ごめんなさい完敗です...orz。
スポンサーサイト

コメントありがとう

コメントを投稿しちゃう
サイトのURL:
Gravatar
コメント:

編集パスワード:
秘密モード: ココの管理者にだけコメントを伝えます
 

トラックバックありがとう

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。