第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 236 話 記憶屋ってのもイイかもしれない

ファイルサーバとして使っているiMacの残り容量がのっぴきならない感じになっていたので、急遽ディスクの中身を整理。

整理すると出てくる、いるんだかいらないんだかわからないファイルの数々。
特に多いのが、「ムービー編集で使おうと思ってたであろう断片的なカット」たち。断片的とはいえ、DVデータなので1つ数百メガ単位でして、これらが集まると結構なデカさ。内容的にはチビ1号が生まれたころのやつがほとんどだったので、とりあえずDVDに焼いて本体はかたっぱしから削除。これだけで4Gほど空きました。

ついでなので、他の重要ファイルは外付けHDにバックアップ。元業界人なのでバックアップの重要さ加減はその身を持って知ってるわけですけど、普通の人ってどんくらいやってるんでしょうかね?ウチの実家もカミさんの実家も何もやってなさげだしなぁ。ホントは助言してやるべきなんでしょうけど
仲間の家のウィルス駆除で何度となく再インストール。最後には何故か奥さんの監視の元半徹夜、っつー体験をしてからは素人様の環境には何となく口を出すのはおっくうになっている今日このごろ(笑)。

とりあず自分の身は自分でまもらなきゃですね。バックアップとウィルス対策。メーカーはもっとそこらへんの重要さを世間に啓蒙するべきだと思います。そういう私もMacということであぐらをかいてウィルス対策やってなかったりするのですが(笑)。
(ただし、FWルータ2台カマせてますけども

あー、でもバックアップ屋とかも儲かるかなぁ。なんとなく「記憶屋ジョニイ」っぽくてカッチョいいし(笑)。
スポンサーサイト

コメントありがとう

コメントを投稿しちゃう
サイトのURL:
Gravatar
コメント:

編集パスワード:
秘密モード: ココの管理者にだけコメントを伝えます
 

トラックバックありがとう

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。