第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 26 話 流れよわが涙、と主夫は言った

今年は涙の年でした。
たぶんここ十年間で一番泣いたんじゃないかと。
それだけ、体にストレス物質があふれてたってことかもしれません。
どっちかというと、悲しい涙やツライ涙が大半でしたが...。

でも、なにかを体から出したってことは、それだけ何かを入れる余裕ができたんじゃないかと思って、来年はみんなが笑えるコトを詰め込んでいけたらいいかな。
それで、新しい年に流す涙はうれし涙に出来たら最高ですね
とりあえずまだ確認してませんが、最低でも2億円ほど当たってるはずなんで、未来は明るいです

ちなみにタイトルは、P.K.ディックの作品から引用。
「涙」にちなんで、この年末年始読み直してみようかと思います。

それでは、ここを読んでくれてるみなさま。
今年はお世話になりました。
来年もよろしく!


スポンサーサイト

コメントありがとう

コメントを投稿しちゃう
サイトのURL:
Gravatar
コメント:

編集パスワード:
秘密モード: ココの管理者にだけコメントを伝えます
 

トラックバックありがとう

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。