第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 30 話 己の敵

今日も息子と二人きり。

午前中、医者へ行ってきた。
過敏性腸炎の方は大分落ち着いてきたみたい。
でもまだ不安感や吐き気ってのはときどきでます。
で、今回の一連の症状で根本の原因は閉所恐怖症(+臨場恐怖症?)にあるっぽいんです。
昔から、図書館とかレンタル屋のでかい棚でしきられた場所、トイレの個室に入るとクラクラしてたのは、もともと閉所恐怖症の気があったのかも。それが、いろんなストレスで顕著化してきたのかな。

医者のじいちゃんには、1ヶ月や2ヶ月で直るもんじゃないとも言われた。
まぁ、物心ついたときからそんな性質をもってたんなら、そうやすやすと変わるもんじゃない。ほとんど性格を変えるようなもんだし。
じいちゃん、どうやって直すとかは言ってくれないんだけど何か策はあるんだろうか?
ただ、現状から他の精神病とかには発展しないらしい。そこはちょっと救いか。
診察後、ちょっと雑談。
じいちゃん携帯に興味を示す。ちょっと見せてくれとのコトで渡すとカラー液晶で感動している様子。
っつーか、治療法とかの話題にしてくれよ

あんまり人頼みってのもなんなので、家に帰ってからいろいろググってみたけど、なんか自分でできる治療法として瞑想があるらしい。
しかし、なんか「うさんくせぇ」と思ってるんで、そう思ってるウチは効かないんだろうなぁ
スポンサーサイト

コメントありがとう

コメントを投稿しちゃう
サイトのURL:
Gravatar
コメント:

編集パスワード:
秘密モード: ココの管理者にだけコメントを伝えます
 

トラックバックありがとう

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。