第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 36 話 性と病(サガとヤマイ)

なんだか眠れないので、グチというかイイワケっぽい話をひとつ。

今回休職することになった病気を引き起こした因子のひとつだと思いますが、
私には、「自分が苦しいとき、正直に人に苦しいことを伝えられない」という弱点があります。
たとえがナンなんですけども、小動物は病気になったことを知られると、天敵から恰好の獲物になってしまうため、それを隠し通そうとするそうです。なんとなくそれに近いものがあるかなーと。別に自分がカワイイ小動物ちゃんってわけじゃないですよ。あくまでたとえとして。

憶測ですが、これは小学校低学年のときに、「いじめ」っぽいコトにあっていたせいなのかなと思います。
ちょっと横道それますが、その発端は小学校入学式の写真撮影で、後ろに立ったヤツがおもむろに私の肩を少々乱暴にモミモミしてきまして、それにカチンと来た私が暴言をそいつに吐いたわけですが、運悪く其奴はあるグループのリーダー的な男だったと。それから数年間、不遇の歳月を送ることになった次第。
それでも、キョウビ耳に入りますような陰惨ないじめではなく「仲間外れ」的なソフトタッチいじめが主体だったんですが、子供心的にはシンドかったのかもです
で、まぁやってるヤツらはやられてるヤツの泣っ面を見て喜びたいわけで、こっちとしてはそんなもん見せてやるかボケって感じの構図が、私をちょっとヒネクレたやつにしちゃったのかなぁと勝手に推論してます。
結果的にそいつとは高学年になってから、逆転ホームランよろしく奇跡的に準マブダチ位にまで発展したので、今となってはいい思い出なんですが、人格形成に多少の影響はあったエピソードなんじゃないかなと。そのおかげで物をナナメに見るという能力も身に付いたわけですが
(人のせいにしちゃってゴメンなS!(笑))

「人に苦しいことを伝えられない」繋がりで、「人に仕事を頼めない」っていうオプションも持ち合わせているのですが、よくよく考えるとこれって人を信用しきれてないのかもしれないですね。
...ん?まてよ。
もしかしたら、元来めんどくさがりやなんで、ただ単に「人にしゃべるのが面倒くさい」ってオチじゃ...

お後がよろしいようで。
スポンサーサイト

コメントありがとう

コメントを投稿しちゃう
サイトのURL:
Gravatar
コメント:

編集パスワード:
秘密モード: ココの管理者にだけコメントを伝えます
 

トラックバックありがとう

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。