第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 361 話 お前を料理してやる!「ビーフストロガノフ」

母音が「お」でおわる言葉に「フ」をつけると、全部ロシア語っぽくなりますよね(笑)。
本日のメニューは個人的にロシアといえばチェルノブイリ、ウォッカ、ボルシチ、そしてコレでしょうという一品。

シリーズ第7回目のお題は「ビーフストロガノフ」


<用意するもの(4人前)>

・肉
 ・牛肉(うすぎり 200g)
 ・片栗粉
 ・塩
 ・こしょう
 ・オリーブオイル
・ソース
 ・バター(100g)
 ・たまねぎ(1個)
 ・人参(1本)
 ・ニンニク(数片)
 ・パセリ(少々)
 ・マッシュルーム(10個くらい)
 ・デミグラスソースの素(こんな感じのやつ
 ・ホールトマト(一缶)
 ・サワークリーム(適宜)
 ・ソース(適宜)
 ・マスタード(適宜)


<作り方(所要時間30分)>

(A)たまねぎ、ニンニクを薄くスライス、マッシュルームは半分、人参をぶつ切りにして、熱したフライパンにバターを溶かして炒める(中火で5分くらい)。
(B)肉は塩コショウをしたあと、片栗粉をまぶしてオリーブオイルでソテー。
(C)(A)と(B)を圧力鍋に入れ、そこへデミグラスソースの素とホールトマトを投入。15分ほど加圧します。
(D)サワークリーム、ソース、マスタードなどで味を調整。
(C)みじん切りにしたパセリをまぶして完成。


<採点(5段階)>

旨度:
面倒くさ度:
弁当転用度:


<総評>

サフランライスなんかと一緒に盛りつけるとそれっぽく見えて◎。
でも、いまだにビーフシチューもしくはハヤシライスとの違いがわからなかったりもします(笑)。
あと、想像していたものよりも何か色と味がマイルドすぎたかも。まぁコレはコレでアリな気もしますけども。
ただ、ホールトマトを入れ過ぎたせいか少々すっぱくなってしまい、カミさんには不評でした(すっぱいのダメなので)。でも、子供はめずらしくパクパクと完食してましたんで、そこらへんを好みに合わせて調整してみてください。
あと、時間があればデミグラスソースも自作したいとこですね。
スポンサーサイト

コメントありがとう

コメントを投稿しちゃう
サイトのURL:
Gravatar
コメント:

編集パスワード:
秘密モード: ココの管理者にだけコメントを伝えます
 

トラックバックありがとう

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。