第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 377 話 ビデオカメラを買う前にちょっと聞いてよ

「ビデオカメラ、DVDなど「非テープ式」主流に」(日経新聞)
http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?i=2006041303819ea

ビデオカメラの非テープ式が台頭してきているようです。
たしかに、テープの巻き戻しも不要で頭出しも簡単。
売れてるみたいだし、私も買っちゃおうかなと思う方、ちょっと待ったです。

基本的に非テープ式のカメラはMPEG-2という形式で「圧縮」されてDVDやハードディスクなどに記録されます。一方テープ式のモノは一般的にはDV形式という「(ほぼ)無圧縮(*1)」の状態でテープに記録されます。

この「圧縮」というトコがポイントで、基本的に「圧縮」したデータは「伸張」してから再生されるのですが、MPEG-2という圧縮形式は「不可逆圧縮」と言って、「伸張」しても元々のデータには戻りません。簡単に言えば「画質が劣化する」ということです。
以下はその具体例。



上の静止画(JPEG)を元にして各形式で動画にしてみました。
(編集には「FinalCutPro 4.5」使用、書き出し方法は「QuickTime書きだし」)

左図上から「HDV(いわゆるハイビジョン)」、「DV」、「MPEG-2」での出力結果です。
HDVは参考ですので無視してもらって、DVとMPEG-2の画質を比べてください。

MPEGー2で、かなりの画質劣化が見てとれます。
おそらく現行のテレビで見ると大して差は無いと思いますが、今後主流になるであろうハイビジョンテレビで見るとなるとこの差は確実に出てきます。
よくテレビドラマなどで、ボタン一つで画質の悪いビデオから高品質の画像が生成されたりしますが、あれは「演出」であって実際のところは圧縮によって失われた情報を完全に再生することはできません。

また、録ったビデオを後で編集する場合にも、一度圧縮したデータは編集時に伸張してから扱うことになり、必然的にPCのスペックをかなり要求してくることになります。また、再度DVDなどに焼き込む際にもう一度圧縮されるので、ここでまた画質の劣化が発生する場合があります。
これでは、せっかく録った赤ちゃんの輪郭がガタガタに...ってなコトになりかねません(*2)。

と言うことで、個人的に非テープ式のカメラは、「カジュアルに録ってサクっと見たいだけなんで画質関係ナシ、んでもって後で編集もしない」って人以外には基本的にオススメしません。
でも、テープ式はテープのとっかえひっかえや、巻き戻しもありますし、それなりのリスクはあるんですよね。
まぁ結局のところ、画質と利便性、どっちをとるかで決って来るんですけども。

できるなら今ある最高画質で録っておきたいと思うのは、私が貧乏性だからですかねぇ?(笑)
ということで、今回はちょっと真面目なエントリーをしてみました。
今後ビデオカメラの購入をお考えの方の参考になれば幸いです。



(*1)厳密には1フレームあたりオリジナルの1/5程度にまで圧縮されている。基本的には1枚絵の集まりで動画を形成し、フレーム間圧縮を行っていないため、編集時にPCへの負担が少ないのが特徴。

(*2)技術の進歩によってMPEG-2の編集が楽にできるようになったり、オリジナル画質に近づけることは可能になるかもしれませんが、一度無くなった情報を完全に再現することは無理かと思われます。
スポンサーサイト

コメントありがとう

Gravatar
ビデオカメラ買うとき、DVD録画(MPEG2)モデルが
たくさん出てきた頃だったけど、店員に
「テープより画質が悪い」と聞いて即やめた。
やっぱり、元媒体の画質は重要だろう、と。。

それはそうとテープが鬼のように溜まってるんだけど、分類・編集どころか、ほとんど見てない爆
2006/04/15(土)11:57:54 URL tude [ 編集]
Gravatar
カメラに関しても、今のデジカメは
フィルムの情報量を超えられないけど
手軽さやら何やらで、駆逐しちゃったし。

地デジもしかりなのですが、全てが全て
高画質が必要なのかと?
クリステルたんの肌のシミや目元のシワ
なんぞ見えてもショウモナイよね。
┐(´ー`)┌
2006/04/15(土)22:33:18 URL A2 [ 編集]
Gravatar
>tude

1年の区切りでDVD化するのが吉。
でないと、編集する気もなくなっちゃうしね。
しかも編集してないと後で見ることも無くなってしまうんで、今のうちにやっといた方がいいぜ!

>A2

手軽さと高機能さの折衷案がどこに来るかは人それぞれだね。まぁ地デジに関しては明らかに一般コンシューマ的な視点からするとオーバースペックかと。その前にコンテンツの中身じゃね?と小一時間...(笑)。
2006/04/16(日)16:55:54 URL jir [ 編集]
コメントを投稿しちゃう
サイトのURL:
Gravatar
コメント:

編集パスワード:
秘密モード: ココの管理者にだけコメントを伝えます
 

トラックバックありがとう

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。