第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 409 話 サッカー中継の時間ですが、ニュースです

最初に謝っておくと、今回のエントリは少々マニアック。
カミさんにもわかるという個人ルール上でやってる本ブログですが、たまにはちょっと脱線します。あしからず。

で、本日ご紹介するのは、「behaviour.js
これがスゴいです。なんだかんだ言う前に、下記のHTMLソースをご覧下さい。

<いままでのソース>

「hoge.html」

 <div onclick="alert('test')">
  Click me
 </div>

<behaviour.jsを適用したソース>

「hoge.html」

 <div>
   Click me
 </div>

「hoge.js」(hoge.htmlから挙動に関する実装部分を分離)

 var myrules = {
  'div' : function(el){
   el.onclick = function(){
    alert('test!');
   }
  }
 };
 Behaviour.register(myrules);


オー、なんてビューリフォーなのでしょうか!
これでデザインと実装の分離が完璧にできますよ!

簡単に言いますと、WEB サイトってのは HTML という文書で作成されているんですけっど、ユーザーさんが何かを WEBサイトに対して命令をした場合(たとえばクリック)、その後どういう風な動きをさせるか(クリックされた → メッセージ表示など)も、 HTML 内に記述することになるんです。
でも、本来 HTML ってのは WEB サイトで表示される文章のみを構成すべきものであって、極力そういった「動作部分」は排除すべきなんです。今回は簡単な例でしたけど、複雑な動作になると何行にもわたって動きに関する命令を書かないといけないわけで、そうなってくると本来の文書の構成も、動きに関する記述も両方見づらくなってしまうんです。結果、その後の拡張やメンテナンス性にも影響が...ってちょっと難しい話になってくるのでこのへんで割愛(笑)。

ということで本日のエントリーにシンパシーを感じたあなたは、今すぐレッツコーディング!

#カミさんが横でサッカー見て大フィーバーしております(笑)
スポンサーサイト

コメントありがとう

Gravatar
最近のWebの進化は、わたしのようなオジさんの頭にはかなりキビシイものがありますね。

http://code.google.com/webtoolkit/
これも凄いです。Javaで作って実行はAjaxということらしいですが、一体どうやってるんがか想像もつきません。
2006/06/14(水)18:24:48 URL qwerty [ 編集]
Gravatar
> qwerty

あなたは私の師匠です!
弱気にならないでください(笑)。

技術屋は死ぬまで前進あるのみですよ!
2006/06/15(木)19:46:50 URL jir [ 編集]
コメントを投稿しちゃう
サイトのURL:
Gravatar
コメント:

編集パスワード:
秘密モード: ココの管理者にだけコメントを伝えます
 

トラックバックありがとう

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。