第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 456 話 Yes, you can.

最近、長男君のハマりは「本作り」。
将来なりたいものは今のところ「本をつくるひと」らしい。

紙をホッチキスやテープで繋げて、「絵本」「めいろの本」「なぞなぞの本」など作ってきましたが、ここんとこ集中的に執筆してるのは「ドラクエの本」。
表紙はこんな感じ。



中身はこんな感じ。



いろんなデータが細かく書かれてます。なんか中学、高校時代に作ってた勉強まとめノートを思い出します。
ためしに、「ちからが83でラリホーを使うモンスターは?」とか聞くと、暫し考えて「ラリホービートル」と答えてきます。
この情熱とムダ知識を勉強に役立てて欲しい。いやホントに。

で、この「本作り」ですけど、クラスの一部ではやってるのか、このまえウチに遊びに来たK君が、一冊書き下ろしていきました。
その、タイトルは…

「オバマの本」

イカス。この時期にこのネタをチョイスするセンス、ただ者ではない。
よその子の作品なんで、著作権的に問題かなと思いまして、画像のアップは割愛しますけど、それっぽい似顔絵がドーンと表紙を飾ってます。
ってか、君ほんとに小学一年生?

時事ネタを盛り込むセンスに脱帽した私は、最近絵の事にはちょっと自信があるよ的な発言が鼻につくウチの長男君に、「これはおまえの上を行ってるぞ」と軽い牽制球を投げておきました。
ドラクエばっかりじゃなくて、いろいろ見ておくべきだぞ長男君よ。
スポンサーサイト

コメントありがとう

コメントを投稿しちゃう
サイトのURL:
Gravatar
コメント:

編集パスワード:
秘密モード: ココの管理者にだけコメントを伝えます
 

トラックバックありがとう

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。