第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 60 話 新手の罰ゲーム

昨日、寝る前に子供のおもちゃに足をひっかけた拍子に腰をヒネっちゃいまして、なんだかとても痛くて寝れなかったんです。そのまま今日の朝になっても痛かったんで、念のため整形外科へ行くことに

医者では中待合室に入ると、いきなりオバチャンに、
「帽子と、上着と、ズボンと、えーっと男の人だからパンツだけになって」
と告げられ。一瞬「は?」とか思ったんですが、言われるがまま更衣室とは名ばかりのカーテンで仕切られた所で、パンツ一丁に。
で、そのまま10分くらい放置プレイ。っつーか寒いって!
やっと名前を呼ばれ、診察室に入ると医者のおっさんにカッケの検査等をされましたが、
なんかさっきのオバチャン、視線が怪しい。体→顔って感じでコッチを見てます。
((((;゚Д゚))ガクガクブルブル
当方、自称年増キラーとして名を馳せたコトもありますが、ちょっとノーサンキューな感じですよ

その後またも5分ほど放置プレイされ、次にレントゲン室へ。
パンツ一丁のままジョジョっぽいポーズを強要され、4枚もレントゲン写真をとられる。
放射線技師のおねえちゃんは新米らしく、先輩女技師にご教授をうけつつ撮影しており、なんか実験台の気分。

結局、診断は「スジ違い」だったんですが、2~3日で治りますか?と聞いたら、「断言はできません」という返事。じゃぁどんくらいで治るんだよ

なんか釈然としない今日の診察料は、薬代も含めると4000円オーバー。
パンツ一丁でウロウロしすぎたせいで、なんか咽が痛いし。
最悪です。
スポンサーサイト

コメントありがとう

コメントを投稿しちゃう
サイトのURL:
Gravatar
コメント:

編集パスワード:
秘密モード: ココの管理者にだけコメントを伝えます
 

トラックバックありがとう

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。