第 話 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第 98 話 市場へ続く道


スキー場から帰ってきてから、親戚のうちへ顔見せに。
そこのウチでは牛小屋を経営してまして、ついでなので牛くんにも会いに行ってきました。
私は小さいころから行っていたので別に平気だった気はするんですけど、ウチのチビはかなりビビりまくり。

牛って近くでみるとまつ毛が長くて、すごくかわいい目をしてるんですよね。
でも、どこかちょっと物悲しい雰囲気。
まぁ、肉牛なのでそのうち売られていく身です。そのことをわかってるんですかね。

ということで昨日更新をサボりましたので、本日は2本立てでお送りいたしました。
スポンサーサイト

コメントありがとう

コメントを投稿しちゃう
サイトのURL:
Gravatar
コメント:

編集パスワード:
秘密モード: ココの管理者にだけコメントを伝えます
 

トラックバックありがとう

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
/ / テクノラティプロフィール
Copyright (C) 2004-2006 Japan Industrial Revolutions. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。